武蔵野の「英雄」終わりました

2012年2014年2016年と2年おきに出演している武蔵野室内合奏団、2018年もエキストラとして定期演奏会に出演いたしました。

武蔵野室内合奏団 第14回定期演奏会

武蔵野室内合奏団 第16回定期演奏会 チラシ
武蔵野室内合奏団 第16回定期演奏会 チラシ
日時
2018年4月22日(日) 開場13:30 開演14:00
会場
杉並公会堂 大ホール
入場料
全席自由 2000円
曲目
フレデリック・ディーリアス / 小オーケストラのための2つの小品(「春初めてのカッコウの声を聞いて」、「川辺の夏の夜」)
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン / 交響曲第99番変ホ長調 Hob.I:99
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン / 交響曲第3番変ホ長調『英雄』 作品55
アンコール:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン / バレエ音楽「プロメテウスの創造物」作品43より 第2幕第10曲 Pastorale
指揮
佐々木雄一

“武蔵野の「英雄」終わりました” の続きを読む

プーランク6重奏とベートーヴェン『皇帝』(縮小版)、再び

4月21日に、茅ヶ崎の楽器店・音楽教室の上にあるホールで演奏会がありました。

発表会の後のおとなの発表会

日時
2018年4月21日(土) 開演17:30
会場
ヤマハ長谷川楽器本店3階 多目的ホール C Side Salon
曲目
フランシス・プーランク / 六重奏曲 FP100
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル / 「私を泣かせないで下さい」
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン / ピアノ協奏曲第5番変ホ長調『皇帝』
ほか

曲目からして同じものが多いですが、3月25日の演奏のリベンジです。

“プーランク6重奏とベートーヴェン『皇帝』(縮小版)、再び” の続きを読む

無事に(本当に無事に)終演した、Hynemos Wind Orchestra 第10回定期演奏会

私が所属するHynemos Wind Orchestra(ヒネモス・ウインド・オーケストラ)の第10回となる定期演奏会が4月15日にありました。

Hynemos Wind Orchestra 第10回定期演奏会

Hynemos Wind Orchestra 第10回定期演奏会 チラシ第2版 表面
Hynemos Wind Orchestra 第10回定期演奏会 チラシ第2版 表面
日時
2018年4月15日(日) 13:15開場 14:00開演
13:30よりロビーコンサートを開催予定
会場
ルネこだいら 大ホール
入場料
入場無料、全席自由
入場には入場整理券が必要です、当日受付にて配布予定
指揮
岡田渉
曲目
(ロビーコンサート)ドメニコ・スカルラッティ(Arno Bornkamp 編曲) / ソナタ K87 (L33)
(ロビーコンサート)ドメニコ・スカルラッティ(Johan van der Linden 編曲) / ソナタ K519 (L475)
間宮芳生 / マーチ『カタロニアの栄光』
ヴィンセント・パーシケッティ / ああ 涼しい谷間
アルフレッド・リード / オセロ
ヨハン・デ=メイ / 交響曲第1番『指輪物語』
(アンコール)ジョン・フィリップ・スーザ / 行進曲「雷神」
主催
Hynemos Wind Orchestra

“無事に(本当に無事に)終演した、Hynemos Wind Orchestra 第10回定期演奏会” の続きを読む

プーランク6重奏とベートーヴェン『皇帝』(縮小版)

3月25日に、ピアノの講師の方が主催する小さな演奏会がありました。

大人の発表会

日時
2018年3月25日(日) 18:30-20:30
会場
シンフォニーサロン 201 スタンウェイホール
曲目
フランシス・プーランク / 六重奏曲 FP100 より 第2楽章・第3楽章
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン / ピアノ協奏曲第5番変ホ長調『皇帝』
ほか

“プーランク6重奏とベートーヴェン『皇帝』(縮小版)” の続きを読む

国立マーラー楽友協会 New Year Concert 2018でマーラー9番を聞いてきた

3連休の中日というの特に予定がなかったのですが、上記のツイートを発見し、一橋大学兼松講堂に行ってみました。

国立マーラー楽友協会 New Year Concert 2018

日時
2018年1月7日(日) 開場15:00 開演15:30
会場
一橋大学兼松講堂
指揮
齊藤栄一
曲目
グスタフ・マーラー / 交響曲第9番ニ長調
入場料
入場無料 全席自由

“国立マーラー楽友協会 New Year Concert 2018でマーラー9番を聞いてきた” の続きを読む

わが祖国全曲 – アーベントフィル第16回演奏会

年の瀬の2017年12月30日、誘われたオーケストラで私は本番を迎えていました。わが祖国全曲の演奏会でした。

アーベント・フィルハーモニカー 第16回定期演奏会

アーベント・フィルハーモニカー第16回演奏会チラシ
アーベント・フィルハーモニカー第16回演奏会チラシ
日時
2017年12月30日(土) 開場19:15 開演19:30
会場
国立オリンピック記念青少年総合センター 大ホール
指揮
小柳英之
コンサートミストレス
掛橋佑水
曲目
アントン・ヴェーベルンパッサカリア 作品1
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ | アントン・ヴェーベルン編曲 / 『音楽の捧げもの』BWV1079より 6声のリチェルカーレ
ベドルジハ・スメタナ / 歌劇リブーシェ』より ファンファーレ
ベドルジハ・スメタナ / 連作交響詩『わが祖国 JB 112』
入場料
入場無料

“わが祖国全曲 – アーベントフィル第16回演奏会” の続きを読む

THPO第15回公演《大いなる川とともに》、企画を中心に振り返る

私の所属している東京ハートフェルトフィルハーモニック管弦楽団(THPO)の第15回となる演奏会が、11月23日に行われました。

東京ハートフェルトフィルハーモニック管弦楽団 第15回演奏会 ファミリーコンサート 《大いなる川とともに》

東京ハートフェルトフィルハーモニック管弦楽団 第15回演奏会《大いなる川とともに》
東京ハートフェルトフィルハーモニック管弦楽団 第15回演奏会《大いなる川とともに》
日時
2017年11月23日(木・祝) 開場14:30 開演15:00
会場
川口総合文化センター リリア メインホール
指揮
小松 拓人
江戸川 長一郎
曲目
ベドルジハ・スメタナ / 交響詩『ヴルタヴァ(モルダウ)』(連作交響詩「わが祖国」より)
ジャン・シベリウス / 交響詩『トゥオネラの白鳥』(「レミンカイネン組曲」作品22より)
ロベルト・シューマン交響曲第3番 変ホ長調作品97 『ライン』
アンコール : ヨハン・シュトラウス2世 / ワルツ『美しく青きドナウ』作品314
入場料
入場無料・全席自由
入場には整理券が必要です。当日受付にて13:30より配布予定。

“THPO第15回公演《大いなる川とともに》、企画を中心に振り返る” の続きを読む

もうちょい練習したかったマラ1&ティル

既に2ヶ月近く過ぎていますが、9月終わりに東京地下オーケストラという団体の演奏会に出演しました。

東京地下オーケストラ 第3回演奏会

東京地下オーケストラ 第3回演奏会
東京地下オーケストラ 第3回演奏会 チラシ
日時
2017年9月30日(日) 開場19:45 開演20:00
会場
杉並公会堂
入場料
無料・全席自由
指揮
池田開渡
曲目
リヒャルト・シュトラウス / ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら
グスタフ・マーラー / 交響曲第1番「巨人」

“もうちょい練習したかったマラ1&ティル” の続きを読む

カジュアルで構わない!クラシック鑑賞に相応しい服装、とか気にしないで!

暮らしに関する事象に疑問や関心を持つ多くのユーザーに向けて、その導き手となるようなコンテンツを提供しているオトナンサーというサイトで、クラシック鑑賞についてのマナーに関する記事が掲載されていました。

おっ、何やらタイトルからして妙な雰囲気がしますね?

“カジュアルで構わない!クラシック鑑賞に相応しい服装、とか気にしないで!” の続きを読む

手術後1週間で本番に出演することは可能だった ―― Hynemos Wind Orchestra 第9回定期演奏会

Hynemos Wind Orchestra 第9回定期演奏会 チラシ表面

チラシのデザインについては前の記事で書きましたが、演奏そのものについて。

思い起こせば、昨年の第8回定期では本番の前日にコントラファゴットのボーカルを曲げてしまう、前のアメリカ特集だった第4回定期では広報に力を入れていたのに研修のため本番のみ出演できず、とHynemos Wind Orchestraの本番では何かしら事件があるような気がしていました。まあどのような演奏会でもトラブルは付き物ですが…

で、実際トラブル起きました。本番の8日前である15日から腹痛が収まらず、翌16日に総合病院に診てもらったところ急性虫垂炎と診断、即日手術が行われることになりました。

“手術後1週間で本番に出演することは可能だった ―― Hynemos Wind Orchestra 第9回定期演奏会” の続きを読む