id:karma_tenguさんに酷いコメントをされるid:xevraさんはどういう人なのか?

はてなで活動しているとこういう呪詛が飛んでくる。はてなと言うのはこういう所だそうだよ。はてなで活動する事を考えている人はこれを見て判断して欲しい。

はてなブックマークという場所がいかに荒んだ恐ろしい場所なのか、ということを言いたいようなタイトルだけれど、この記事でid:xevraさんがどんなコメントをして、それに対しid:karma_tenguさんがどう返答しているか、というのを併記したほうがより理解が深まるのではないでしょうか。

はてなと言うのは本当の所どういう所か? – xevra’s blog

死ねってブコメは酷いと思うけど、このidコール飛ばされてるエントリでxevra先生がどんな酷いブコメつけてたかも併せて載せたほうが、はてなという場所を知るために有用だと思うよ

2017/11/29 17:23

というわけでやってみました。

“id:karma_tenguさんに酷いコメントをされるid:xevraさんはどういう人なのか?” の続きを読む

2017年は取捨選択の年(になるかも)

2017年1月1日 初日の出
2017年1月1日 初日の出

2017年、明けましておめでとうございます。写真は元旦に撮影した、実家近くからの初日の出です。今年も私、B4たかしをよろしくお願いいたします。

さて、「今年もよろしく」でこの記事を終えても良いのですが、今年の抱負みたいなものを書き記したいと思います。

“2017年は取捨選択の年(になるかも)” の続きを読む

似非科学は「科学」を装う限り批判されなければならない

木村すらいむ君のブログ「文脈をつなぐ」に9月16日に書かれた記事が、わりと多くの注目を浴びているようです。有り体に言えばちょっと炎上しています。

私がこの記事を見つけてブックマークしたのが10月14日と、記事公開から随分と日が経っている。私が見つけるのがたまたま遅かったか、もしくは誰かがピックアップして俄然注目を集める用になったのか、それはわからないけれども。

ブックマークコメントも批判的なものが多いほか、批判するエントリもいくつかあったようだ。

で、それを受けてか、それの続編エントリが数日前に公開されています。

(ていうか彼のブログ、「アナタドウ?」から「文脈をつなぐ」に変えていたんですね。文脈ねぇ、文脈…)

彼、木村君はブックマークコメントもある程度目を通した上で続編エントリを書いたようですが、どうも伝わっていないというか、数多くの批判で伝えたかったことが彼に伝わっているか疑問だったので、改めて「似非科学がなぜ批判されるのか」を、私なりの言葉で書いてみたいと思います。

“似非科学は「科学」を装う限り批判されなければならない” の続きを読む

震災から5年ということですが

あの時まで「科学技術を一般の人々に伝えるサイエンスコミュニケーターになって、原子力発電所の良さをもっと知ってもらおう!」ということを真剣に考えてもいた自分にとって、就活中に発生した東日本大震災、津波によって被災した福島第一原発の事故は非常にショッキングで、それまでの人生観をひっくり返すには十分であった。

“震災から5年ということですが” の続きを読む

B4たかしはまだ消耗する生活を続けるようです

一週間ほど遅れましたが、29歳になりました。当日はTwitterやFacebookなど、様々なおめでとうコメントをいただき有り難うございます。

そんな誕生日に私は何をやっていたかというと、午前中は栃木県に2つある献血施設のうちの1つである血液センターで成分献血をやってきました。16歳の誕生日から続けている恒例行事です。

献血をするとどこの献血ルームでも何かしら景品がもらえるのですが、今回はインスタントラーメンのほか、栃木県ご当地キャラクター「まろにえーる」のクリアファイルを貰いました。

“B4たかしはまだ消耗する生活を続けるようです” の続きを読む

新社会人にアドバイス、なんてできない

新年度になり、4月から社会人1年生、研修が始まりました!という人も多いんじゃないでしょうか。

新社会人に関するネットの記事もいくつか目に入ってきました。

「よっしゃ!それじゃ社会人4年目のオイラもなんか言ってみるか!」と、意識高い()社会人の真似をしてみようかとも思いましたが、よくよく考えてみると、そんな大層なことを言えるような立派な社会人でもないことに気づきました。

「社会人としてどうあるべきか」ということを語るには、学生と社会人の違いをきちんと把握していないといけないわけですが、どうも自分の生活スタイルからして、学生と社会人の違いがはっきり分けられないのです。

学生と社会人の違いが曖昧、という点には以下が挙げられます:

“新社会人にアドバイス、なんてできない” の続きを読む

温泉は硫黄の匂いではなく硫化水素の匂い、って絶対にツッコミしないとやっぱり駄目ですか?

温泉地に特有のあの卵の腐ったような臭いの元は、硫化水素であることが知られています。

これを「硫黄の臭い」と言ってしまうと、厳密には間違いである、ということになるのですが、わりと使われる表現です。先日も御嶽山噴火に関する報道において、メディアが使用したところ「硫黄は無臭です」と東大教授がツッコミを入れたことがちょっと話題になっています。

科学的には確かに「硫化水素」です。それは正しい。でも、メディアが「硫黄の臭い」と使いたい気持ちも分かるのですよね。だってほら、「りゅうかすいそ」って言うより、「いおう」って短いし、「硫黄の臭い」と言えば皆さん伝わるでしょう?

「そうは言っても…」とまだまだ一言言いたい皆さん、では他の例で考えてみましょう。

“温泉は硫黄の匂いではなく硫化水素の匂い、って絶対にツッコミしないとやっぱり駄目ですか?” の続きを読む

世に蔓延る数多の「告白の日」の由来を調べてみた

Twitterで、「6月1日は告白の日」という話題が駆け巡っていました。

ただ、6月1日がなぜ告白の日と言われるようになったかについては不明で、秒刊SUNDAYでは「謎拡」とまで言われています。

先ほどの「君に恋をした」アカウントでは、「告白の日」として制定されているのは5月9日だったとして、後に訂正ツイートを載せています。

また、告白の日とされている日は、この他にもあるようです。

うん、たしかに多すぎなんですが…

これらの「告白の日」、本当に告白の日なのか、どんな由来があるのか調べてみました。

“世に蔓延る数多の「告白の日」の由来を調べてみた” の続きを読む

四分音にドイツ音名が定義される、ライプツィヒ発

3日ほど前、facebookで以下のような投稿が、複数人から共有されてきました。発信者は合唱指揮者である本山秀毅さんです(Wikipediaに記事もありました)。

微分音(のうちの四分音)に、ドイツ音名が定義された、ということである。今までは「ドの四分の一だけ高く」とか「B♭の四半だけ下」とか呼んでいた、のであろうか(何せ自分は今まで微分音を使う曲を扱ったことがない)。これにドイツ音名が付いたのなら、今度から「eif」とか「af」とか言えばいいんでしょうか、確かにこれは使いやすいですね。

ところがこの投稿、一体どこの誰が「オーソライズ」したのか分かりません。

この記事を目にした瞬間、私も即座にシェアさせていただいたが、その後「いいね」の数も、シェアしたものにすればかなりの数に上ることが皆さんの関心の高さを物語る。発信された方は「友達の友達」ということで、私は直接面識はないが、ライプチヒのメンデルスゾーン音楽大学で学んでおられる方で、所載されていたドイツの音楽研究雑誌の名前も示されていた。

ええと、じゃあ元の発信者は誰なの?この投稿だけ眺めていても分からないので、この人のタイムラインを辿って探してみました。

“四分音にドイツ音名が定義される、ライプツィヒ発” の続きを読む

2014年も、B4たかしはB4たかし、b4logはb4log

2013年を振り返る記事を作る間もなく、2014年になっていました。みなさんあけましておめでとうございます。

去年を振り返ったり今年を見通したりするのも悪くないんですが、さきほどはてなブックマークで気になった記事が2つあったので、ちょっとご紹介。どちらもブログ自体についての記事で、姿勢は正反対です。

“2014年も、B4たかしはB4たかし、b4logはb4log” の続きを読む