アヴァンプルミエ 第30回演奏会 聞いてきました

知り合いが複数人出ているということで(1日前の演奏会もそうでしたが、全く別の人達です)、吹奏楽の演奏会に行ってきました。

アヴァンプルミエ ウィンドアンサンブル 第30回演奏会

日時
2018年7月16日(月・祝) 開場13:30 開演14:00
会場
サンパール荒川 大ホール
曲目
S. ライニキー / 鷲の舞うところ
P. グレインジャー / シェパーズ・ヘイ
E. ウォルトン / 戴冠式行進曲「王冠」
ディープパープルメドレー
デサフィナード
ダンシング・クイーン
サウンド・オブ・ミュージック・セレクション
A. リード / アルメニアン・ダンス Part 1, Part 2
(アンコール)マイ ラブ
指揮
石川和彦

“アヴァンプルミエ 第30回演奏会 聞いてきました” の続きを読む

『リズと青い鳥』を観て感じた「芸術のジレンマ」と「北宇治の長期運営視点」

今年4月21日に公開された『リズと青い鳥』について。様々な評判を読み聞きして、私も書き記しておこうと思います。

概要を記す前に。私はこの作品『リズと青い鳥』を視聴して素晴らしい作品だと信じていて、多くの人にもっと見てほしいと思っています。

一方で、この作品には万人に手放しで進めるにはちょっと踏みとどまってしまうべき事柄がいくつかあります。例えば以下のレビューでは、この作品は百点満点と評して差し支えないレベルの作品であるともいえるし、「これは映画なのか?」という疑問さえ起きる落第点の作品ともいえるという極端な二面性を持っている。とまで言われています。

このレビューを読んで――というより、このレビューを書いた人:尾崎和行さんとTwitterのメッセージで何通かやりとりをして、そこで出てきた私の意見を再編集したのが以下の文章なのです。

“『リズと青い鳥』を観て感じた「芸術のジレンマ」と「北宇治の長期運営視点」” の続きを読む

ウインド・アンサンブル・セニョール 2018 聴いてきました

ヒネモス第10回定期にエキストラで出演してくださった方が、別の吹奏楽の演奏会に出演するということで聴いてきました。

Wind Enesemble Señor 2018

日時
2018年4月30日(月・休) 開場13:30 開演14:00
会場
さいたま市文化センター 大ホール
入場
無料
曲目
アルフレッド・リード / エル・カミーノ・レアル
フィリップ・スパーク / 陽はまた昇る
マルコム・アーノルド | 瀬尾宗利 編曲 / 第六の幸福をもたらす宿
フィリップ・スパーク / ザ・バンドワゴン
アンダーソン&ウルヴァース | 星出尚志 編曲 / ダンシング・クイーン
アンドリュー・ロイド・ウェーバー | ノーマン・テーラー 編曲 / アルゼンチンよ、泣かないで
アンドリュー・ロイド・ウェーバー | ヨハン・デ=メイ 編曲 / オペラ座の怪人
アンコール : 瀬尾宗利 構成 / 歌姫メドレー
アンコール : ラファエル・ エルナンデス / エル・クンバンチェロ
指揮
瀬尾宗利

“ウインド・アンサンブル・セニョール 2018 聴いてきました” の続きを読む

無事に(本当に無事に)終演した、Hynemos Wind Orchestra 第10回定期演奏会

私が所属するHynemos Wind Orchestra(ヒネモス・ウインド・オーケストラ)の第10回となる定期演奏会が4月15日にありました。

Hynemos Wind Orchestra 第10回定期演奏会

Hynemos Wind Orchestra 第10回定期演奏会 チラシ第2版 表面
Hynemos Wind Orchestra 第10回定期演奏会 チラシ第2版 表面
日時
2018年4月15日(日) 13:15開場 14:00開演
13:30よりロビーコンサートを開催予定
会場
ルネこだいら 大ホール
入場料
入場無料、全席自由
入場には入場整理券が必要です、当日受付にて配布予定
指揮
岡田渉
曲目
(ロビーコンサート)ドメニコ・スカルラッティ(Arno Bornkamp 編曲) / ソナタ K87 (L33)
(ロビーコンサート)ドメニコ・スカルラッティ(Johan van der Linden 編曲) / ソナタ K519 (L475)
間宮芳生 / マーチ『カタロニアの栄光』
ヴィンセント・パーシケッティ / ああ 涼しい谷間
アルフレッド・リード / オセロ
ヨハン・デ=メイ / 交響曲第1番『指輪物語』
(アンコール)ジョン・フィリップ・スーザ / 行進曲「雷神」
主催
Hynemos Wind Orchestra

“無事に(本当に無事に)終演した、Hynemos Wind Orchestra 第10回定期演奏会” の続きを読む

手術後1週間で本番に出演することは可能だった ―― Hynemos Wind Orchestra 第9回定期演奏会

Hynemos Wind Orchestra 第9回定期演奏会 チラシ表面

チラシのデザインについては前の記事で書きましたが、演奏そのものについて。

思い起こせば、昨年の第8回定期では本番の前日にコントラファゴットのボーカルを曲げてしまう、前のアメリカ特集だった第4回定期では広報に力を入れていたのに研修のため本番のみ出演できず、とHynemos Wind Orchestraの本番では何かしら事件があるような気がしていました。まあどのような演奏会でもトラブルは付き物ですが…

で、実際トラブル起きました。本番の8日前である15日から腹痛が収まらず、翌16日に総合病院に診てもらったところ急性虫垂炎と診断、即日手術が行われることになりました。

“手術後1週間で本番に出演することは可能だった ―― Hynemos Wind Orchestra 第9回定期演奏会” の続きを読む

フェルヴェール#18 @きゅりあん 出演しました

出演しているエキストラの方に誘われて、エキストラとして吹奏楽団の演奏会に出演してきました。

フェルヴェール管楽合奏団 第18回定期演奏会 チラシ
フェルヴェール管楽合奏団 第18回定期演奏会 チラシ

フェルヴェール管楽合奏団 第18回定期演奏会

日時
2017年2月19日(日) 開場13:30 開演14:00
会場
品川区立総合区民会館 きゅりあん 大ホール
指揮
中村亮太・小野研志
曲目
ジェームズ・バーンズ交響的序曲
エリック・ウィテカーオクトーバー
フィリップ・スパークダンス・ムーブメント
カール・オルフ | ジョン・クランス編曲 / カルミナ・ブラーナ
(アンコール)ピエトロ・マスカーニ / オペラ『カヴァレリア・ルスティカーナ』より 間奏曲
(アンコール)ジョン・フィリップ・スーザ / 行進曲「ワシントン・ポスト
入場料
無料・全席自由

“フェルヴェール#18 @きゅりあん 出演しました” の続きを読む

Hynemos Wind Orchestra 第8回定期演奏会 終わりました

4月17日に、私の所属するHynemos Wind Orchestra第8回定期演奏会が無事終わりました。

広報チーフは今回から別の方に変わってもらったのですが、チラシ・パンフレット・入場整理券などのデザインに係る作業は私が引き続き行っておりました。

前7回もチラシデザインについて解説しましたし、今回も裏話を疲労、いや披露しましょう。

“Hynemos Wind Orchestra 第8回定期演奏会 終わりました” の続きを読む