b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

東京工業大学 新附属図書館の地下部分がほぼ完成、しかしグランドオープンは2011年9月にずれこみ

| 0件のコメント

P9020808.JPG

何度か東京工業大学 大岡山キャンパスに新設される新附属図書館について書いてきましたが、大部分が書架スペースとなる地下部分の建設はほとんど完了し、いよいよ事務室エリアである地上部分の建設工事が始まったようです。

P9010797.JPGP9010799.JPG それに伴ってか、9月6日から10月2日まで、大岡山地区と保健管理センター・大岡山北地区・東工大蔵前会館(Tokyo Tech Front)を結ぶ陸橋、通称「東京富士見坂」が通行止めになるようです。



なお、当初は竣工が2010年9月、次に開館が2011年3月と公表されていたのですが、どうやら予定がズレにずれ込み、竣工が2011年2月、グランドオープンは2011年9月になるようです。

.@holy_smith @hk_2501 @shntrnkgw @b4takashi 今年の7月1日に発表されたスケジュールを見たら、大幅に遅れるみたいです。来年の9月にオープンが伸びたとか…。⇒http://bit.ly/aDP0G4

posted at 00:15:21

スケジュール

  • 2011.09 グランドオープン
  • 2011.05 学習スペース(2・3階)部分開館
  • 2011.02 竣工

P9010792.JPG P9010793.JPG ところで、地上から突き出している扇形、というか円で構成されたこの鉄の塊、一体なんでしょう?仮に置かれているというわけではなく、そのままの姿で完成のようですが・・・。

P9010796.JPG P9010795.JPG P9010794.JPG あ!そうか、これが閲覧室エリアがはいるガラスハウス、通称「チーズケーキ」を支える土台なんですね。これからこの上に鉄骨を取り付けて建物がのっかる、と。

この記事のトラックバック用URL