b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

ショスタコ12@サントリーホール by 日本フィル

| 0件のコメント

b4logでも宣伝した、日本フィルの第602回東京定期演奏会を聞きに行ってきました。

曲目
武満徹:3つの映画音楽
  • 訓練と休息の音楽?「ホゼー・トレス」より
  • 葬送の音楽?「黒い雨」より
  • ワルツ?「他人の顔」より
プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第2番
ショスタコーヴィチ:交響曲第12番《1917年》
指揮
広上淳一
ヴァイオリン独奏
ボリス・ベルキン

武満徹の作品自体を初めて聞きましたが、3曲とも結構聴きやすい曲でした。弦楽で、映画音楽が元のようですが、やはり日本人にあった曲なんでしょうか。プロコフィエフは・・・正直、聞くのがしんどかったです。主題がどこから出てくるのかわからないし・・・。そいえば来シーズンの定期演奏会から「プロコフィエフ交響曲 全曲演奏プロジェクト」が日フィルで始まるそうな。それくら銘打つってことは、あまりプロのオーケストラでも取り上げなかったのでしょうか。

休憩を挟んでショス12でしたが、結構良い演奏でした。金管のソロで数カ所「だっ大丈夫か???」と出だしが不安になった箇所もありましたが、大振りな指揮も相まって素晴らしい演奏でした。曲が終わった後にファゴット1stが立たされなかったのだけは謎でしたが。

しかし今日の公演も東工大オケ関係者が多かったなあ、少なくとも自分含めて6人は発見しました。ショス12がメインだと集客が微妙に少ないのですが、東工大オケ率は上がってしまうと。良いんだか悪いんだか。

この記事のトラックバック用URL