東工大オケのメイン曲

東工大オケの定期演奏会の曲目って、春と冬でなんだか雰囲気が違う気がします。ここ5年間の曲目を並べてみると、以下のようになりました。

春の定期演奏会 冬の定期演奏会
2004年 ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」 ブラームス 交響曲第1番
2005年 ドヴォルザーク 交響曲第7番 ラフマニノフ 交響曲第2番
2006年 チャイコフスキー 交響曲第5番 ショスタコーヴィチ 交響曲第5番(革命)
2007年 ブラームス 交響曲第2番 マーラー 交響曲第1番「巨人」
2008年 ドヴォルザーク 交響曲第6番 チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」

曲をクリックすると、演奏会の詳細が現れます。

春のメインの曲目はどちらかと言えば「アマオケでは定番」というような曲が中心ですが、冬のメイン曲は結構大変なものが多い。マラ1なんてよく出来たもんだと思うし。「じゃブラ2は簡単なのかよ」っていうとそうでもない、というか今取り組もうとしても大変だと思いますが、編成的にもやりやすく、Wikipediaにも学生オケ定番の曲として書かれているし。

そんなわけで、来る東京工業大学管弦楽団の第139回定期演奏会のメインの曲がチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」に決定しました。どのパートもそれぞれ難しい曲だから、こころしてかからねば。