b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

東工大オケ2008春定の曲目

| 0件のコメント

昨日の選曲で、次の東工大オケの曲目が決まりました。

東京工業大学管弦楽団 第138回定期演奏会

曲目
ベートーヴェン 『コリオラン』序曲 作品62
スメタナ 連作交響詩『我が祖国』より ヴィシェフラド・ヴルタヴァ
ドヴォルザーク 交響曲第6番 作品60
指揮
末永隆一
日時
2008年5月24日(土) 夜公演
場所
大田区民ホール・アプリコ 大ホール
最寄り駅:JR京浜東北線蒲田駅東口から徒歩約3分
チケット
全席自由 800円

ベートーヴェンのコリオランは演奏会用序曲ですが、ヨーゼフ・コリンの同名の戯曲が少なくとも作曲に関わっているそうです。エグモントやレオノーレのように華々しく終わるのだけがベートーヴェンじゃないんですよ。

第1曲「高い城」とも訳されるヴィシェフラドは、曲にスメタナの頭文字B.S.が音に刻まれてます。BACH主題(ヨハン・セバスチャン・バッハ)やDSCH音型(ドミトリ・ショスタコーヴィチ)みたい。2曲目は言わずもがな、「モルダウ」で知られています。

メインはドヴォルザークの交響曲第6番。ドヴォルザークというと交響曲第9番「新世界より」なんかが知られていますが、6番は同じ作曲家でも9番とは全く作風が違った曲です。どちらかといえば、去年の春に演奏したブラームスの交響曲第2番に近く、特に1楽章と4楽章はその傾向が強いです。3楽章はドヴォルザークらしいスラブ曲ですが。

ドヴォ6の曲のモチーフ(A→D ?)は、高い城のB♭→Esとおなじ4度の上昇ですね。書いてて気付きましたけど。

そんなわけで、春も全乗りのB4たかしから、東工大オケ春定のお知らせでした。

この記事のトラックバック用URL