b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

Revolution

| 3件のコメント

今日の全奏、舞台にのると緊張してピッチが高めでした。うーむ。

さてさて、全奏の後、12月の定期演奏会のメインの曲の投票がありました。ブルックナーの交響曲第4番が事実上の対抗馬でしたけど、演奏時間が長過ぎ(90分くらいかかるとか!?)、そしたら管楽器の乗り番が少なくなってしまうのでそれは阻止せねば、と殆どの管の票が集まり、結局僅差でショスタコーヴィチの交響曲第5番に決定しました。

で、この曲だとコントラファゴットがあるので自分がやることになるのですが、ファゴット1st.とのソリが第2楽章に出てくるのです。しかも途中まで伴奏無し。聞いているうちに段々カッコいいと思えてきました。Fg.だけでも曲として成立する部分ですが、C.Fg.のボッボッという音がグッときます。しかしこれからコツコツ練習せねば、本番はあと5ヶ月後です。

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ショスタコーヴィチ:交響曲第5番
レビューを見る
欲しいものリストに追加
在庫なしpowered by Amazon.co.jp
  • wassan

    五ヵ月後って結構先だよな。

  • よぎ

    弦では「弾けない!」って理由で中低弦の票が集まったような。
    ヴィオラよりチェロが高いところが沢山あるし。
    コントラバスにト音記号あるし。
    今回はチェロバスが大変だね。
    ヴィオラのメロディなんだけど、何回CD聞いてもヴァイオリンにしか聞こえないのがあるし(それだけ音が高いって事)。
    そういえばヴァイオリンはどうだったのかな?

    弦分がとんでもないことになりそう。
    でも、カッコいいから頑張るよ。

    前中はどうなるのかな?
    これでホントにボレロが通ったら面白いんだけど(笑)

  • >>wassan
    ただ、結構先だよな?と思っているとあっという間に半年なんて過ぎるからねえ。コンファゴを習得して演奏するのには長い期間ではありません。

    >>よぎ
    チェロの音符がト音記号の五線の上にあったりするんだっけ、なんだそりゃ・・・。金管は第4楽章が力入ってるし。木管もEsクラリネットとか特殊管がいっぱいあったり。ショスタコは簡単には演奏させてくれない・・・?
    [q1]前中はどうなるのかな?
    これでホントにボレロが通ったら面白いんだけど(笑)[/q1]
    調べたら、ボレロにもコンファゴあるのか、何てこった。これじゃ2曲ともコントラファゴットで出演もしくは3曲全乗りは免れない・・・ :-!

Pingback / Trackback

この記事のトラックバック用URL