武蔵野の「英雄」終わりました

2012年2014年2016年と2年おきに出演している武蔵野室内合奏団、2018年もエキストラとして定期演奏会に出演いたしました。

武蔵野室内合奏団 第14回定期演奏会

武蔵野室内合奏団 第16回定期演奏会 チラシ
武蔵野室内合奏団 第16回定期演奏会 チラシ
日時
2018年4月22日(日) 開場13:30 開演14:00
会場
杉並公会堂 大ホール
入場料
全席自由 2000円
曲目
フレデリック・ディーリアス / 小オーケストラのための2つの小品(「春初めてのカッコウの声を聞いて」、「川辺の夏の夜」)
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン / 交響曲第99番変ホ長調 Hob.I:99
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン / 交響曲第3番変ホ長調『英雄』 作品55
アンコール:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン / バレエ音楽「プロメテウスの創造物」作品43より 第2幕第10曲 Pastorale
指揮
佐々木雄一

ヒネモスの練習との兼ね合いで、武蔵野へのリハーサル参加回数が少ないまま本番を迎えました。しかも最後のリハーサルはアンサンブルの本番の直前というタイトなスケジュール。

もう少し自分の中で曲に対する理解を深めて本番に臨みたかった、とは思いつつ、久々にベートーヴェンの交響曲を演奏できて楽しかったです(最後に演奏したのは2015年のけつおけ!聖ドミニコの第5番をコントラファゴットで、タセットのない並ファゴットに限れば2014年の武蔵野の第4番を2ndファゴットで)。「英雄」(交響曲第3番)の前日に「皇帝」(ピアノ協奏曲第5番)を演奏できたというのも自身の意識向上に一役買ったと思います。