ウインド・アンサンブル・セニョール 2018 聴いてきました

ヒネモス第10回定期にエキストラで出演してくださった方が、別の吹奏楽の演奏会に出演するということで聴いてきました。

Wind Enesemble Señor 2018

日時
2018年4月30日(月・休) 開場13:30 開演14:00
会場
さいたま市文化センター 大ホール
入場
無料
曲目
アルフレッド・リード / エル・カミーノ・レアル
フィリップ・スパーク / 陽はまた昇る
マルコム・アーノルド | 瀬尾宗利 編曲 / 第六の幸福をもたらす宿
フィリップ・スパーク / ザ・バンドワゴン
アンダーソン&ウルヴァース | 星出尚志 編曲 / ダンシング・クイーン
アンドリュー・ロイド・ウェーバー | ノーマン・テーラー 編曲 / アルゼンチンよ、泣かないで
アンドリュー・ロイド・ウェーバー | ヨハン・デ=メイ 編曲 / オペラ座の怪人
アンコール : 瀬尾宗利 構成 / 歌姫メドレー
アンコール : ラファエル・ エルナンデス / エル・クンバンチェロ
指揮
瀬尾宗利

ちょうど2年前に私も出演したLouis Brass 2016のメンバーが多く出演しているようです。そういえば2年前が小塚(るい)さん指揮でルイ・ブラス、今回が瀬尾(せお)宗利さんの指揮でウインド・アンサンブル・セニョール、名前にちなんだ演奏会にしているんでしょうか。

瀬尾先生が指揮、というより踊りながら指揮するような方で、聞くだけでなく目でも楽しむことができました。

残念だったのは、オペラ座の怪人、の編曲でしょうか。序奏で本来はパイプオルガンの重厚な響きから入るのですが、今回の編曲ではドラムセットがリズムを刻んでいて、なんかその、軽い感じで… デ=メイ編曲らしいですが、もっといい譜面だったらなあ、と思ってしまいました。