b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

未完成 + 未完成

| 0件のコメント

親からチケットを貰ったので、前回に引き続き日本フィルの第603回東京定期演奏会を聞きにいってきました。

曲目
シューベルト : 交響曲第7番 ロ短調 D759 《未完成》
ブルックナー : 交響曲第9番 ニ短調
指揮
ハルトムー・ヘンヒェン
  • 共通点
    • どちらも「未完成交響曲」
    • 共にウィーンで活躍したロマン派の作曲家
  • 相違点
    • 「未完成」になった経緯が違う

      シューベルトはこの曲の完成を諦めて、第8番(グレート)に取り掛かった。「4分の3のスケルツォがありきたり」や「第2楽章まででも芸術的に完成している」とも。

      一方のブルックナーは、途中から以前の交響曲の改訂作業に追われてしまい、第9番を完成する前に死んでしまった。

    • シューベルト(1797-1828)とブルックナー(1824-1896)では、「同じロマン派」と言っても初期と後期でずいぶん差がある。編成も2管から3管へと拡大している。

どちらも良い演奏でした。シューベルトは木管楽しそう。ブルックナーは金管が元気でした。

両方とも緩徐楽章で終わるので、交響曲として締まりがないのが残念ですが、まあ「未完成」なので仕方ないですね。ブルックナーはいくつか補完による第4楽章が作られてるとのことですが、今回は第3楽章まででした。

この記事のトラックバック用URL