b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

ル スコアール管弦楽団#37 聴いてきました

| 0件のコメント

11月9日は、ル スコアール管弦楽団の第37回演奏会を聴きに行ってきました。

ル スコアール管弦楽団 第37回演奏会

日時
2014年11月9日 14時開演
会場
すみだトリフォニーホール 大ホール
曲目
ヴィトルト・ルトスワフスキ / 管弦楽のための協奏曲
バルトーク・ベーラ・ヴィクトル・ヤーノシュ管弦楽のための協奏曲
指揮
橘直貴

ル スコアールは以前会場整理を手伝ったこともありますが、今回は純粋に観客として楽しませてもらいました。ダブルオケコンという、おそらく奏者にとっては重いプログラムです。

ルトスワフスキは作曲家の名前すら初めて聞くのですが、現代の作曲家とは思えない曲想のわかりやすさ、そしてパンフレットにも書かれていた格好良さが印象的でした。バルトークのオケコンはTBSKでも聴いていたのですが、こちらも良い演奏でした。第4楽章で唐突に出てくるショスタコーヴィチの引用が面白いですね。

今回は1000人弱のお客さんが入っていたようです。客席の96%が埋まった4年前に比べると少ないですが、それでも多くのお客さんが入っているようで、羨ましいですね。

この記事のトラックバック用URL