ベートーヴェン「運命」 日本フィル定期#615@さっきオバマ大統領がいた場所

日本フィルの東京定期のチケットを親から貰ったので、昼からサントリーホールに行こうと朝食を食べながら準備していました。

ふとテレビをみると、NHK総合で生中継が始まりました。「バラク・オバマ米大統領のアジア演説が行われる」とのこと。場所は「港区のコンサートホール」とアナウンサーは言っていましたが・・・。

どうみてもサントリーホールです。なんかテレビから時折楽器の音が聞こえてくるか、日本フィルの楽団員が裏で練習しているのかな。もしかして直前に急遽ホールで演説することが決まって、政府から直に日本フィルに使用させてくれるように頼まれたのかな。

あと、サントリーホールとアメリカ合衆国大使館が至近距離ってのも理由にありそう。徒歩圏内にホテルオークラ東京や首相官邸もあるし、警備や移動には便利そうだ。

曲目
オール・ベートーヴェン・プログラム

  • 『コリオラン』序曲 ハ短調 Op. 62
  • 交響曲第4番 変ロ長調 Op. 60
  • 交響曲第5番 ハ短調(運命) Op. 67
指揮
マルティン・ジークハルト
日時
2009年 10月 23日 (金) 午後7時 / 24日 (土) 午後2時

コリオランベト4は自分が演奏したことがあって良く知っていました。いやー、良いオケと良いホールでやるとこんなに響くんですね。ベト4とかなんであんなに縦が揃うんだろう。プロだからなんだろうけど。

運命ってそいえば生で聴いたことあったかな?あまりにクラシック音楽の中でもポピュラー過ぎて、敢えて聴くような機会が無かったけど、やっぱり名曲だなあ。特に第3楽章から第4楽章へのアタッカは、本当に感動しました。あと4楽章のピッコロは目立ちすぎだと思います(褒め言葉)。あ、今日はちゃんとコントラファゴットの音も聞こえましたね、良かった良かった。

ちなみに、演奏会が終わった後に、サントリーホールから霊南坂を下って米大使館の辺りを散策している最中に写真を撮ったら、周辺を警備していた警官に呼び止められ、荷物検査を受けるはめに。まー仕方ないですけどね、確かにあの辺りは警官や警察車両も多くて、空気がピリピリしていました。