b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

屋根の上の牛・アランフェス・イタリア by オンディーヌ室内管

| 0件のコメント

プヨーの練習を午前に終えて、夕方からのブル8の練習まで時間があるので、オケ同期も出演しているオンディーヌの定期を聴きにいってきました。

オンディーヌ室内管弦楽団 第37回演奏会

曲目
D. ミヨー屋根の上の牛
J. ロドリーゴアランフェス協奏曲
アンコール : H. ヴィラ=ロボス / 「5つの前奏曲」より 第1番
アンコール : L. レニャーニ / 「36のカプリス Op. 20」より No.7 in A Major Prestissimo
F. メンデルスゾーン / 交響曲第4番「イタリア」
アンコールJ. シベリウス / 悲しきワルツ Op. 44-1
ギター独奏
益田正洋
指揮
小森康弘
会場
フィリアホール

ミヨーはトロンボーンやファゴットが1人ずつだったりと変則的な編成、そしてパーカッションが終始ギロの音を鳴らして、ラテンのリズムを彩ります。ブラジルの民謡やタンゴ、サンバのメロディが取り入れられて楽しげな曲でもあり、複調性を散りばめた曲の作りが魅力的です。しかしどのパートも難しそうな曲だこと。

ロドリーゴのアランフェス協奏曲は音楽の教科書でも何度も取り上げられているけど、曲を全部通して聴いたのは実はこれが始めて。あのメロディって第2楽章だったのかー。ギターはオーケストラから比べると音量が小さいのだけれど、うまくまとまって聞こえました。

イタリアといえば一度はさらったこともあるのでちょっとなじみがある。出だしからしてまるで悩みの無いかのような曲だなー、と改めて認識。

この記事のトラックバック用URL