b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

リコーダーとチェンバロとヴィオラ・ダ・ガンバ

| 0件のコメント

東京オペラシティの近江楽堂にて、アンサンブル・ソアーヴェのコンサートを聴いてきました。

このアンサンブルは、タイトル通りリコーダーとチェンバロ、そしてヴィオラ・ダ・ガンバという、普段の演奏会ではなかなかお目にかかれない3つの楽器で、クープランやヘンデル等の曲を中心に演奏されました。

ヴィオラ・ダ・ガンバは、ヴァイオリン属にフレットを取り付けたような格好の古楽器で、弦が多いためギターのようにも見えますが、弓で音を奏でる擦弦楽器です。自分がみたのはArt at Tokyo Tech以来2回目。このごろヴィオラ・ダ・ガンバ協会が世界各地で設立されて、奏者の数は増えているそうな。日本にも協会があります。

工大祭の看板の楽器はもしやこれだったのか!?

リコーダーは、あの小学校・中学校で習うアレです。といっても今回の奏者は、国立音楽大学を卒業した立派な「リコーダー奏者」です。今回のコンサートもこの人に誘われてきました。現在は某中高の音楽の教員だそうで、高校吹奏楽部のOBも来てました、ってか見たら東工大オケの後輩でした。そいえばそんなこと言ってたっけ、世間って狭いです。

この記事のトラックバック用URL