一夜目聞きました – ヴェルディ・レクイエム

ベルレク by 夢十夜オーケストラ、ちゃんと予習もしたので十二分に聞くことが出来ました。

1000人強収容のホールの座席は殆ど埋まっていました。自分は最初1階席で聞いていました。第2部のバンダのトランペットが2階席から演奏するのは、音の方向性が立体的になり効果抜群でした。カッコいいよTp.!カッコ良く書き過ぎだよヴェルディ!

ただ、1階席だと、独唱の方が立つと遮られてしまうことが判明。ぎりぎりファゴットの席が見えるはずだと踏んでいたのですが・・・。第2部の後の休憩中に2階席に移動しました。2階席で聞くとファゴットの音が一段と良く聞こえてきました。4管とか自分がFg.奏者だとかの理由も考えられますが、座席でこうも違うとは。よく見えることはよく聞こえることでもあるのか。

会場が杉並公会堂と聞いて、気になっていたのは「合唱と管弦楽合わせて200名が舞台に乗れるの?」という点でしたが、プロセニアムを引き出せば全員舞台にのれるんですね、てっきり舞台後方の座席を使うものだと思っていました。バンダのTp.がいない第3部以降は2階舞台後方・舞台横の座席も開放されてました。1人だけ舞台後方の真ん中に陣取ったときには会場から失笑がおきましたね。

いろいろ話が行ったり来たりしましたが、演奏会はとても良かったです。管弦楽は東工大オケOPが多かった(というか殆ど全員?)のですが、みなさん本当に上手でした。公募して集まった合唱隊もまとまっていて素晴らしかったです。次回はフォーレのレクイエムらしいので、来年に行われる次演奏会も聞きに行きたいと思います。

まだまだ演奏する側ではないはず。