b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

Automatorで画像(GIF,JPG,etc…)を一つのPDFに

| 0件のコメント

[Automator.app Icon]Mac OS Xに搭載されているワークフロー構築ソフトの「Automator」で、PDFの結合ができることを以前ちらっと記しましたが、実はJPGやGIF・PNGなど別個の画像ファイルをまとめて1つのPDFファイルに出力できることもわかりました。

もしかしたら既に散々他所で取り上げられたネタかもしれませんが、自分がワークフローを組んだら上手く動作したので紹介します。

複数のPDFを一つのPDFに結合

[Automator 画面 PDF結合]

PDFの結合の方法は上記のサイトに載っている方法を参照しました。ワークフローはこんなかんじで:

  1. 選択された項目を取得 (選択された Finder 項目を取得)
  2. Finder 項目にフィルタを適用
    • 条件:
  3. Finder 項目を並べ替える
    • 並べ替え基準: ; 並べ替え順序: に並べ替える
  4. PDF ページを結合
    • 書類の結合方法:
  5. Finder 項目を移動
    • 保存先:
  6. AppleScript を実行
    on run newPDF
        tell application "Finder" to reveal item 1 of newPDF
    end run

で、Finderで各PDFファイルを選択した状態でこのワークフローを実行すると結合されたPDFがデスクトップに出来ます。

なお、下記リンクに載っている方法だと、最後の「AppleScript を実行」などがありません。こちらの方が簡略な気がするけど、どちらが正しい、とかあるのかな?

複数の画像を一つのPDFに結合

[Automator 画面 画像からPDF]

同じ要領で、複数の画像を一つのPDFに結合するワークフローはこちら:

  1. 選択された項目を取得 (選択された Finder 項目を取得)
  2. Finder 項目にフィルタを適用
    • 条件:
  3. Finder 項目を並べ替える
    • 並べ替え基準: ; 並べ替え順序: に並べ替える
  4. イメージから新規 PDF を作成
    • 出力の保存先:
    • 出力ファイル名:
    • ページをサイズに合わせる

同じように、FinderでPDFにした画像を全て選択した状態でこのワークフローを実行すると結合されたPDFがデスクトップに出来ます。

上記の例では「GIF イメージファイル」となっていますが、結合させたいファイルによって「JPEG イメージファイル」とか「PNG イメージファイル」なども選択できます。もしかしたらJPG・GIF・PNG混合でも作れるかもしれませんが、そこまでは試していません。

[Finder 画面 複数の画像のうちの一つ] [Finder 画面 複数の画像を選択] [Finder 画面 作成されたPDF]

なお、この方法で作成されたPDFファイルは、元の画像群のファイルサイズより結構大きくなります(上記の例では、元の合計サイズ: 57.8MB、出力されたPDFサイズ: 73.6MB)。ご了承を。

この記事のトラックバック用URL