b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

大岡山南の藤棚が消える・・・南4号館新営で

| 0件のコメント

東工大大岡山キャンパスの南藤棚の場所に 大岡山南新4号館 が建設されます。先日見に行ったところ、既に藤棚に絡み付いていた蔓は取り払われていて、棚だけが取り残されていました。その棚も策に覆われていたので、藤棚の姿もこれで見納めになりそうです。

なお、大岡山南新4号館の他、南1号館を挟んだ反対側では、 大岡山東1号館(W棟) の建設が始まっています。現在ある東1号館はE棟ということらしい。

南4・東1(W)の二つの建物は同時に建築されることから、公道に掲出される「建築計画のお知らせ」も2棟を一緒に書いています。確証は持てませんが、大岡山東1号館(E棟)は現在地上5階建てであることから、W棟も同じ規模の建物になると推測されます。ということは、「お知らせ」のとおりならば、大岡山南4号館が「地上6階・地下1階」になるのでしょうか。

このページによると、南4号館が地上5階、東1号館が地上6階・地下1階のようです。

大岡山南4号館
延床面積 : 2,793m2
構造 : 鉄筋コンクリート造地上5階建
工期 : H20.4?H21.3
大岡山東1号館(W棟)
延床面積 : 2,756m2
構造 : 鉄筋コンクリート造地上6階地下1階建
工期 : H20.4?H21.3

隣の南3号館が10階建てであることを考えると、南4号館は地上65階よりも高く建てても良い気がしますが、南3から道を挟んだ反対側が大学外の敷地でしかも民家があるので、コレくらいが限度なのかもしれません。

なお、これらの建設事務所(プレハブ)を本館裏の駐輪場に設置したため、新たに本館と西4号館の間の道路の一部を駐輪場にするらしいです(施設運営部サイトより)。西5・西6号館から近いため、仮設の駐輪場のほうが便利になりますが、なぜ新学期までに間に合わせなかったのでしょうか。

なお、東京工業大学 Tokyo Tech Front の工事が始まっていますが、工事現場の塀に張り出されている完成イメージに、今まで見なかった空中からの俯瞰図も掲出されていました。

この図によれば、TTF正面から見て右側には階段があり、地域の人も自由に行き来できそうです。また、本館からのプロムナードを延長する準備からか、建物2階が斜めになっています。

南新4号館・東1号館(W棟)・TTFはいずれも平成21(2009)年3月31日の完成予定です。

(旧)南4号館は南3号館の西に隣接して建てられており、取り壊された跡には南8号館が建てられたようです(1期 : 2000年12月、2期 : 2002年9月竣工)。同じ「南4号館」という名称を除けば、南新4号館との関連は無さそうです。

[大岡山南地区キャンパスマップ(2000年)] [大岡山南地区キャンパスマップ(2008年)]

この記事のトラックバック用URL