b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

くにたちユーフォニアムコンサートに行ってきました

| 0件のコメント

国立音楽大学ユーフォニアム研究室が主催する、第17回くにたちユーフォニアムコンサートに行ってきました。

金管アンサンブルやトロンボーンアンサンブルは何度か聞いた事があるけど、ユーフォニアム(と同属のバリトン)だけのアンサンブルは初めてです。中学の同級生からの誘いのメールが来なけりゃ聞く機会なんてありません。

さすが音大生だけあって上手かったです。500人ある客席も殆ど埋まってました。よくあんな早いパッセージ出来る〜。

ただ、ユーフォだけだと音域が広くないので、オケ曲の編曲版の演奏は全体的にモヤモヤしている印象を受けました。もともと柔らかい音質の楽器である事もその要因なのかな。ユーフォ14本でのメイン曲(委嘱作品らしいです)は楽器の特性を生かしきった演奏で圧巻でした。

こういう珍しめのアンサンブルも良いですね。オケの周りの木管の人にこういう話をすると、「金管なんてどれも似たような音でつまらない」なんて素っ気ない返事が返ってくるんですが、自分は金管アンサンブルも好きです。

この記事のトラックバック用URL