ロメオとジュリエット by ミモザ#2

2月22日はオーケストラミモザの第2回演奏会に出演しました。

Orchestra “mimosa” 第2回演奏会

Orshetra “mimosa” 2nd Concert flyer
Orshetra “mimosa” 2nd Concert flyer
日時
2020年2月22日(土) 開場13:30 開演14:00
会場
なかのZERO 大ホール
曲目
ジュゼッペ・ヴェルディ / 歌劇「ナブッコ」序曲

Giuseppe Verdi / Opera “Nabucco” Overture
セルゲイ・プロコフィエフ / バレエ音楽「ロメオとジュリエット」全曲版より

Romeo and Juliet (Ромео и Джульетта)
  • 第1幕第1曲 前奏曲 Act 1: Introduction
  • 第1幕第1場第4曲 朝の踊り Act 1: Morning Dance
  • 第1幕第2場第10曲 少女ジュリエット Act 1: The Young Juliet
  • 第1幕第2場第13曲 騎士たちの踊り Act 1: Dance Of The Knights (Montagues & Capulets)
  • 第1幕第2場第19曲 バルコニーの情景 Act 1: Balcony Scene
  • 第1幕第2場第20曲 ロメオのヴァリアシオン Act 1: Romeo’s Variation
  • 第1幕第2場第21曲 愛の踊り Act 1: Love Dance
  • 第2幕第5場第33話 ティボルトとマーキュシオの決闘 Act 2: The Duel
  • 第2幕第5場第34話 マーキュシオの死 Act 2: Death Of Mercutio
  • 第2幕第5場第35話 ロメオはマーキュシオの死の報復を誓う Act 2: Romeo Decides To Avenge Mercutio
  • 第2幕第5場第36曲 第2幕の終曲 Act 2: Finale
  • 第3幕第37曲 前奏曲 Act 3: Introduction
  • 第3幕第6場第38曲 ロメオとジュリエット Act 3: Romeo & Juliet (Juliet’s Bedrom)
  • 第4幕第9場第52曲 ジュリエットの死 Act 4: Juliet’s Death
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン / 交響曲第7番イ長調 作品92

Ludwig van Beethoven / Symphony No. 7 in A major, Op. 92
入場料
全席自由 500円
指揮
喜古恵理香

オーケストラミモザの演奏会、第1回は挟み込み&観客として客席におりました。

今回、ロメオとジュリエットのコントラファゴットパートのため、エキストラという立場で出演させていただくことになりました。

ロメオとジュリエット、実は吹奏楽編成では船橋市交響吹奏楽団にて演奏したことはあるのですが、本来のオーケストラ編成としては初めて取り組みます。しかも組曲版ではなく全曲版からの抜粋ということで、聞き覚えのあった曲順といろいろ異なっていて、シア所は戸惑いました(組曲版では、第37曲前奏曲の次は第13曲「騎士たちの踊り」にすぐさま移るのですが、先述の通り今回は順序が違います)。

コントラファゴットとしての出番は多くはないのですが、全曲の中でもソフトバンクのCMで使われたりと有名な曲である第13曲「騎士たちの踊り」は低音としてコントラファゴットが活躍する曲で楽しかったです。わりとファゴットとは違う動きを担わせる譜面構成で、プロコフィエフなりのコンファゴへのこだわりが見て取れました。

参加メンバーが私より下の年代が中心、指揮者の先生も私より若い方で、全体的に瑞々しくエネルギー溢れる演奏でした。