b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

リヒャルト・シュトラウス&マーラー by TBSK 聴いてきました

| 0件のコメント

ミューザ川崎にて12月27日に行われたTBSK管弦楽団の演奏会を聴きに行ってきました。

TBSK管弦楽団 第5回演奏会

曲目
リヒャルト・シュトラウス / 歌劇『サロメ』より「7つのヴェールの踊り」
リヒャルト・シュトラウス / ホルン協奏曲第1番
グスタフ・マーラー / 交響曲第5番
ホルン独奏
イルジー・ハヴリーク (チェコ・フィルハーモニー管弦楽団ホルン奏者)
指揮
久世武志
日時
2015年12月27日(日) 開場13:00 開演13:30
会場
ミューザ川崎シンフォニーホール 音楽ホール
入場料
入場無料・全席自由(要整理券)

昨年6月の第3回公演以来となるTBSKの公演、今回もマーラーの5番など「重い」曲に挑戦していました。

ホルン協奏曲のソリストであるハヴリーク氏の演奏は、大きい音の箇所でも金管特有の威圧感が全く無く、心地良い演奏をオーケストラと共に奏でていました。あの演奏を一緒にできたオーケストラの皆さんが羨ましい限り。

交響曲第5番は、あの難曲を難なく演奏していて(演奏者自身はそう感じてないかもしれませんが、少なくとも聴衆としては安心して聞くことが出来ました)、改めてオーケストラの実力の高さを感じました。メンバーに学生が多いからか、若々しく力強い、しかし第4楽章はきっちりシットリした演奏を披露してくれていました。

来場者数も1234人と非常に多く来ていたようです。ホルン協奏曲の影響もあるでしょうが、オーケストラにきちんと固定客がついてきている現れでしょう。

ちなみに次回の会場もミューザ川崎、「イギリス」特集のプログラムらしいです。次回の演奏にも期待したいです。

この記事のトラックバック用URL