b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

WS#3 @ 大田区民ホールアプリコ 無事終わりました

| 0件のコメント

震災による公演延期などの災難を乗り越え、ヴァールシャインリヒ・シンフォニカー 第3回演奏会、無事に終わりました。

[ヴァールシャインリヒ・シンフォニカー 第3回演奏会 チラシ] ヴァールシャインリヒ・シンフォニカー 第3回定期演奏会 特別チャリティー公演

日時
2011年7月23日(土) 18:40開場 19:10開演
曲目
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン / 交響曲第93番 ニ長調
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト / レクイエム ニ短調 K. 626
アンコール:ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト / Ave verum corpus K. 618
指揮
吉川清 (音楽監督兼常任指揮者)
演奏
ソプラノ:髙橋節子
アルト:志田理早
テノール:鏡貴之
バリトン:清水喜承
合唱:ヴァールシャインリヒ コア (混声合唱団 翠の風・女声コーラス フリージア・学生有志)
管弦楽:ヴァールシャインリヒ シンフォニカー
会場
大田区民ホール・アプリコ
チケット
1,000円

会場は18時まで使えないため、東工大オケの協力を得て15時から東工大の音楽練習室で1時間程度の練習をして、パンフレットのはさみ込みなどを行って会場に向かいました。ちなみに本番着に着替える時間も惜しいため、大学で礼服に着替えてから蒲田に向かいました。

18時から会場設営を行い、無事にほぼ40分で準備ができました。その裏で自分は譜面の整理を仰せつかって、パートごとに分けてたりしてました。

本番が始まってしまえばあっという間でした。ハイドンの2楽章ソロは上手くいっていた、と思います。あまりにあっという間でよく覚えていない…。 モーツァルトの冒頭の出来は本当に覚えていない、大失敗はしていないだろうとは思うのですが、あとでDVDでじっくり眺めてみることにします。

レクイエムの方は、多くを合唱のパワーに助けてもらった感じがします。これだけのレベルの高い合唱と合わせられてよかったです。

今回はオーケストラもかなり充実しました、こんどこそ胸をはって「間違いなくオーケストラだ」と言えます(ヴァールシャインリヒはドイツ語で「おそらく」という意)。

観客数も約650名いらっしゃったそうで、多くの人に聞いてもらうことができて嬉しいです。今後も多くのお客様に満足してもらえるよう、活動を続けたいですね。

この記事のトラックバック用URL