b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

ヒネモス 第3回 本番終了

| 0件のコメント

ヒネモス・ウィンド・オーケストラ 第3回演奏会[ヒネモス 第3回チラシ]

日時
2011年4月9日 開場14:00 開演14:30
曲目
アルフレッド・リード / 音楽祭のプレリュード
ヤン・ヴァン=デル=ロースト / カンタベリー・コラール
ヤン・ヴァン=デル=ロースト / プスタ-4つのジプシー舞曲
ジョン・バーンズ・チャンス / 呪文と踊り
ヴァーツラフ・ネリベル / アパッショナート
大栗裕 / 吹奏楽のための神話 〜 天の岩屋戸の物語による
アンコール:バリー・グレイサンダーバード | フィリップ・スパーク編曲
アンコール:ジョン・フィリップ・スーザ雷神
指揮
岡田渉
会場
保谷こもれびホール
チケット
入場無料
ウェブサイト
Hynemos Wind Orchestra

宣伝していたヒネモスの演奏会、無事に終了しました。

前回の演奏会では、ファゴットとコントラファゴットの両方を使っていたので、練習や運搬で一苦労しましたが、今回はそれが無いだけちょっと楽になりました。

本番前日の8日にこもれびホールでリハーサルを行うため、パーカッションで使う道具一式は前日の午後からレンタカーで運びました。複数の楽団や私物の楽器など、23種もの楽器は積み込みが大変でした。

あと前演奏会と違うことは、自分が広報係となっていたこと。今までHynemos Wind Orchestraという楽団に独立した広報の役職は無かったらしく、作業は全て手探りの状態となりました。

チラシを自らデザインして、業者に発注したまではおおよそスムーズに進みました。出来上がったチラシは各アマチュアの吹奏楽団体の演奏会パンフレットに挟みこむ算段だったのですが、このチラシが今回は全く捌けませんでした。一万部を発注したのですが、挟み込めた演奏会は5つ程度、最後の手段として会場近くの住宅地でポスティングして800程度を配りましたが、結局3000部以上は余ってしまう結果となりました。

3月後半は自分自身の就職活動に修士論文の中間発表などの予定が重なった、と言い訳しようと思えばできますが、それにしても650人が定員のホールで150人という集客は残念としか言い用がありません。今回の演奏会は団員の数も増え、またエキストラで出演してくださった方もうまい人ばかりで演奏の仕上がりが良かっただけに、良い演奏を多くの人に聞いていただくことができなかったのは本当に残念です。

先週の日曜から、10月の音楽祭、そして来年春の演奏会に向けた練習が再開されました。次の演奏会こそは、ホールをお客さんで一杯にしたいです。

この記事のトラックバック用URL