b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

リコーダー×2+通奏低音のソナタ

| 0件のコメント

記事の順番と前後しますが、11月7日は同級生の親の知り合いが出演しているという事で、リコーダーと通奏低音の演奏会を聞きにいってきました。

Guiseppe Sammartini
2本のリコーダーと通奏低音のためのソナタ

日時
2010年11月7日(日) 午後2時開演
会場
SDA 立川キリスト教会 礼拝堂
曲目
ジュゼッペ・サンマルティーニ
  • Sonata V in F (1738)
  • Sonata X in F (1738)
  • Sonata II in F (1738)
  • Sonata (Sibley no. 3) in B flat
  • Sonata IV in F (1738)
  • Sonata IX in G (1738)
  • Sonata II in g c.1750
  • Sonata (Parma no. 13) in B flat

曲目のほとんどは、2本のリコーダーとバロックファゴット、ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロという編成でした(SibleyとParmaのソロソナタを除く)。しかしリコーダーってかなり息を使いそうなのに、よくも2時間ぐらい演奏し続けられるなあ、と感心してしまいます。

バロックファゴットは普通のファゴットと違い、キーなどがほとんどついていないように見えました。ベルの先もフレンチベルともジャーマンベルトも違ったようだし。

会場のSDA立川キリスト教会は綺麗な建物で、礼拝堂もステンドグラス越しに光が差し込む美しい空間でした。音響的にも良い下手だったと思います。

この記事のトラックバック用URL