b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

48年の歴史に幕、「モートピア」多摩テックが閉園する前に写真に収めてきた

| 0件のコメント

CA392505.JPGホンダ系列の多摩テックが9月末で閉鎖という記事のなかで、幼稚園か小学校に通っていたころは何度か遊んだ覚えがあると書きましたが、そういえば詳しくは覚えていませんでした。中学以来10年以上は行っていないし、クア・ガーデンはそのころできてなかったからなあ・・・。

というわけで、多摩テックを閉園する前に行ってきました。一人で

高幡不動駅から無料の送迎バスが出ているのでそれに乗りました。普段は多摩テック仕様の塗装の20人乗りくらいの中型バスが30分おきに出ているのですが、このごろはグランドフィナーレのラッシュで来園者が多いのか、40人ぐらい乗れる豪華なバスが15分おきに(開園時・閉園時は10分おきに間隔をつめて)発車していました。

多摩テックへの入園も、普段は使わない(であろう)駐車場脇からのゲートから入りました。どのアトラクションも混雑していて、1時間から2時間待ちでした。アトラクション利用は諦めて、館内を散策することに専念しました。

園内のパネルなどで知ったのですが、開園当初は本格的なバイク用のダートコースなども設置されていたのですね。現在もみにレーシングカーを走らせるコースは有るけど、当時の映像を見るとどう見てもフツーのコースです。

現在では乗ってスピードやスリルを味わう乗り物もありますが、それでもロードスターやフォーミュラプラスなど、「実際にエンジンで動く自動車を操作する楽しみを知る」という開園当初からのコンセプトは変わっていないようです。



多摩テックの後は隣りのクアガーデンへ。こちらは本当に始めてきました。多摩テックの券を持っていると1,000円で入湯出来ます。湯船が広くて開放感溢れて良かったです。出来れば上のレストランも入りたかったな。

時代の流れとはいえ、こんな良いレジャー施設が閉鎖というのは残念です。特に天然温泉のクア・ガーデンは開設して10年ほどしか経っていないので、日野市か京王電鉄か、どこかが引き継いでくれると嬉しいのですが・・・。

この記事のトラックバック用URL