b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

中央新幹線の予想路線図を(もちろんCルートで)描いてみた

| 4件のコメント

なんだかこのごろ、にわかにニュースで出てくるリニアモーターカー「中央新幹線」、といっても話題に上るのは「長野県のどこを通るか」という話ばかりですが・・・。

Business Media 誠の記事では3ルートそれぞれの所要時間と工事費が掲載されています。当たり前ながら、直線ルートの南アルプス(C)ルートが一番安くて早いですね。

そんなことを踏まえつつ、B4たかしが「ここを通れば良いんじゃね?」って地点を、ピックアップしてGoogleマップに描いてみました。


より大きな地図で リニア中央新幹線 B4たかし予想路線図 を表示

「1県1駅」という方針もあるので、都府県ごとに駅を設置してみました。

  • 東京都 : 品川駅

    リニアの関東側の玄関口としては、東海道新幹線と接続する東京駅か品川駅が候補に上っていたらしい。2008年のJR東海社長の会見によれば、難易度的に品川駅のほうがやりやすいとのこと。

    ぶっちゃけ東京駅の地下はもうゴチャゴチャして通せない気もするしね。東京?品川の移動はそんなに苦でもないだろうし。これが新宿駅に繋がるようだとちょっと面倒だったかもしれないけど。

  • 神奈川県 : 橋本駅

    橋本駅か相模原駅が候補に。「県の北のゲートに」と知事もご推薦の橋本駅が、米軍補給廠の返還地などを目論んでいる相模原駅よりリードしている模様。

    JR横浜線や相模線、橋本駅にリニアが通れば「北のゲート」に相応しい交通の拠点となりそう、ということでここで。京王相模原線の終点でもあるので、「多摩ニュータウンの西のゲート」という面でも期待出来そうだ。

  • 山梨県 : 甲府駅

    地元では郡内(都留市など)・峡東(笛吹市など)・峡中(甲府市など)・峡南(市川三郷町など)の4カ所が候補にあがっているそうな。

    ただしdankogaiも言うように、ビミョーな場所に「新甲府駅」を作るより、甲府駅に接続して中央線特急「あずさ」との乗り換えを便利にして、中央東線沿線の利便性を向上してもらった方が良いと思う。そんなわけで山梨県のど真ん中・甲府駅にどかーんと。どーせ東京や愛知じゃ大深度使うんだから、甲府でもやっちゃいなYO!

  • 長野県 : 飯田駅

    長野県内のルートが揉めに揉めているのは前述の通り。

    ここでは飯田線と接続するように飯田駅に。飯田線は特急が1日2本、快速も1日2.5本しか運行されていないようなローカル路線だけれど、それでも主要駅に接続した方が便利じゃん!と思ってこの駅で。

    おそらく中央新幹線と接続して最も沿線に効果が期待出来るのがこの飯田線。東京にも名古屋にも格段に利便性が向上するからね。というか飯田線が使えなさすぎて、高速バスが便利すぎただけなのかもしれないけど。

    ちなみに飯田・中津川を結ぶ鉄道の計画は、国鉄時代に計画され途中の工事も進んでいた中津川線というのがある。

  • 岐阜県 : 中津川駅

    中津川の他に恵那・瑞浪・土岐・多治見と東濃地区は5駅も候補に上がっている。

    ただし、多治見駅は現在でも名古屋に30分で着くからメリットがあまりない。名古屋駅から一番遠い(特急で50分かかる)、そして長野県寄りである中津川駅ならば、特急「しなの」との接続によって中央西線沿線に最もメリットがもたらされると思われる。

    というか、岐阜市へのアクセスなら名古屋駅の方が便利だし、東濃地方に駅が設置されても岐阜県全体へのメリットはそんなに無いよね。

  • 愛知県 : 名古屋駅

    もはや言わずもがな。東海道新幹線と接続するのが重要なので。

  • 三重県 : 亀山駅

    亀山市が積極的に誘致している。関西本線・紀勢本線の交点である(そして関西本線はJR東海とJR西日本の境界でもある)亀山駅に接続すれば、県庁のある津や伊勢志摩などへの利便性も良くなるはず。

  • 奈良県 : 奈良駅

    奈良県も「リニア奈良駅」の誘致を行っている。JR奈良駅に直結すれば、関西本線(大和路線)やJR奈良線、桜井線とスムーズに乗り換えが出来て便利そうだ。・・・と思ったけど、観光地や官公庁へのアクセスは近鉄奈良駅の方が良いらしい。奈良県内は遺跡がボコボコ発掘されたりして、工事が面倒になってしまう可能性があるのも厄介なところ。

  • 大阪府 : 新大阪駅

    東海道新幹線との接続のため、新大阪に乗り入れることを社長が明言している。もう大深度だからどこでも良いけどね。

こんな感じで書いてみました。上記案では基本的に在来線にすべて接続する方針で書いてます。市街地は用地取得費用が高くなる?なにそれこわい

改めて思うのは、JR東海が本気でリニアを作る気なのか、ということ。いやあ愛知万博でも展示されてたけど、こんな夢物語が現実のものとなろうとしてるとはね。「誘致合戦」とか現実味があり過ぎなのも困りますけど。

  • Pingback: 康二郎Project2033()

  • 地方民@信州

    飯田出身の東工大生の自分が来ましたよ
    リニアはやっぱり地元なのと、南信は常に無視され続けてきたという歴史があるのでCルートで通してほしいですねー
    まあ、結局飯田も自分のところに駅が欲しいんでCルート押してるだけのような気もしますが。
    飯田は新宿から高速バスで4時間近くかかるというまさしく陸の孤島なので帰省するとき本当にしんどいです、特に尻
    残念ながら開通は2025年らしいんで自分にはまったくメリットがないんですがw
    それでも後々の後輩が東京の大学に多く来てくれるようになるとうれしいです
    いやはや、入学して2ヶ月強経つけど、まだ長野出身の人すらいない・・・

  • Pingback: 交通機関に思うこと()

  • To : 地方民@信州

    長野県は、昔は筑摩県と分かれていたように結構地域によって思惑が違うようですね。地図で見ると、確かに南信辺りは山に囲まれて交通の便が悪いですし・・・。

    [q1]いやはや、入学して2ヶ月強経つけど、まだ長野出身の人すらいない・・・[/q1]
    東工大は「地方大学」と言われるほど、関東近郊出身者が増えてますね 😛

Pingback / Trackback

  • 我田引鉄【大船渡線と中央リニア新幹線】

    新しい鉄道を建設に当たり、そのルート選定を巡って、鉄道会社と地方自治体が対立する事態に発展する例があるのは、今も昔も変わりないようや

    その見本とも言うべき路線の代表例と言えば、JR東日本の大船渡線(一ノ関?盛)や
    この路線は大正?昭和初期の時代に建設され

  • 中央新幹線のルートと長野県

    もう今さらという感じではあるが、ネット検索で色々な意見を読む限り、長野県知事への支持は殆どないと言ってよい。リニア新幹線・東京?名古屋のルートに関してである。 以下は6月18日の記者発表でJR東海より出された建設費などのデータである。 .

この記事のトラックバック用URL