b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

ようつべ響はかなり本気っぽい – YouTube Symphony Orchestra

| 2件のコメント

ユーチューブでオケを結成、と聞いて2ちゃんねるでオケを作ったようなものかと思ったら、どうもかなり本気なプロジェクトっぽい。

米Google傘下のYouTubeは12月1日、オンラインオーケストラ「YouTube Symphony Orchestra」の結成を発表、世界中の音楽家に参加を呼び掛けた。

YouTube Symphony Orchestraは個人の演奏をインターネットを通じて世界規模のオーケストラに変換する試み。参加者がアップロードした課題曲を演奏する動画を組み合わせ、1つのコラボレーション演奏動画にするという。また応募者の中から来年4月15日にカーネギーホールで演奏する演奏者が選ばれる。

応募期間は12月1日から1月28日まで。審査はロンドン交響楽団、ベルリン交響楽団、ニューヨーク交響楽団など世界各地の有名なオーケストラのメンバーが担当し、地域別に準決勝出場者を選抜。2月には、YouTubeユーザーによる投票で、ニューヨークで開催する3日間のサミットへの参加者を選ぶ。

このサミットでは、指揮者であり作曲家でもあるマイケル・ティルソン・トーマス氏やタン・ドゥン氏、またロンドン交響楽団のメンバーから指導を受けられるほか、最終日にはカーネギーホールで演奏できる。

さすがバックにグーグルが付いてるだけあって規模がデカイです。課題曲を提出してうまくすりゃカーネギーか。

で、課題曲の譜面や音源があるらしいので以下のサイトから見てみました。曲はタン・ドゥン作の「Internet Symphony No. 1 “Eroica” for YouTube」です。・・・え?

取り敢えずファゴット2にコントラファゴット1という編成。他の楽器に「マリンバ」とか「スラップスティック」とかあるけど置いといて。

曲を聴いてみたけど、おお、笑える:-P。「エロイカ」と付いてるだけあって、ベートーヴェンの交響曲第3番『英雄』をモチーフにしてるっぽいけど、8分の3拍子やら16分の7拍子やら変拍子がいっぱいあったり、なんとゆーか吹奏楽っぽいね。でもおもしろそー。

  • トリス

    いいなぁ、B4たかしは4月はニューヨークにいるのかー

    ホルンの譜面見てみたらグリッサンドの最高音がas high as possibleになってて面白い(笑)

  • To : トリス

    帰ってくる頃には英語ペラペラ楽器スラスラだね 😛

    [q1]ホルンの譜面見てみたらグリッサンドの最高音がas high as possibleになってて面白い(笑)[/q1]
    トランペットの譜面をたまたま見たんだけど、やっぱりそう書いてあって笑ってしまったよ 😉

Pingback / Trackback

この記事のトラックバック用URL