b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

工業大学新聞(東工大新聞部)…駄目だこいつら、早くなんとかしないと…

| 2件のコメント

東京工業大学新聞部会新聞部発行の工業大学新聞、11月20日発行号には工大祭についての記事がありましたが・・・

工大祭 2008 終わる

今年も10月最後の週末である25、26日に、大岡山キャンパスで工大祭が行われた。両日ともどんよりした曇天の下、若干の雨も降ったが、近隣の住民や高校生など多くの人で賑わった。

今年もキャンパス内には目新しさに欠ける模擬店がひしめき、野外ステージや講義室では例年と大して変わらない企画と代わり映えのしない企画とが目白押しだった。マンネリ化の一途をたどるばかりだが、今のところ改善される気配も革命が起きる気配もない。年に一度の行事だから誰も気付かないのか。

今年も工大祭は事無く終わった。

工業大学新聞 2008年11月20日発行 (第922号)

全文掲載。これだけ。終了。

ここからB4たかしの強烈なdisりが始まります!

おっと、上に記述した記事は紙面1面の左端の片隅に載せられていたものだが、2面にも工大祭関連の記事がある。「かんきょうの21世紀の東工大 第2回 工大祭ゴミ問題」と題された記事だ。エコ容器についての利用状況、また看板の使い回しについての調査から、東工大生の環境意識とJIZIの環境への取り組みのギャップを挙げている。

だが、この記事は新聞部が書いたものではなく、公害研究会が執筆したものだ。しかも公害研が書いた分量の方が新聞部が書いた分量よりはるかに多いってどういうことだよ。

で、工大祭についての記事だが、何故例年と大して変わらない代わり映えのしないマンネリ化の一途をたどると書いている奴の気が知れない。

お前は講演会に3人も講演者が来るのが「例年と大して変わらない」のか?第2回ミスコンが「代わり映えしなかった」と本気で言っているのか?3年目のプラネタリウムを見て「マンネリ化の一途」と言っているのか???

大体分っている。本気で言っているわけじゃない。

工大祭を伝える気がないのだ、新聞部は。

おそらく工大祭をずらっと見て回ってもいない。いや、見て回っているかもしれないが、例年との違いを見出すまで観察していないはずだ。そうでなければ、去年は無かったミスコンを書かないなんて事は出来ないはずだ。

じゃあお前が書いてみろって?「工大祭を伝える」ために書いたものじゃない、拙い文章だけど、少なくとも工業大学新聞の記事より分量も多いし内容に付いてもちゃんと触れてる。

第一、改善される気配も革命が起きる気配もないという文面も癪に障る。変化を望んでいるなら、自分が行動すれば良い。なにを他力本願でニヒルぶっているのだ。年に一度の行事だから誰も気付かないのか。だと?気付かないなら周りに知らしめてやるだけの気力が無い奴でも、こんな捨て台詞をはく気力だけはあるらしい。

他の記事は読む価値がない、などとは言わない。が、1面は就活に付いての特集、2面は教授のインタビューと東工大の就職状況、名古屋大学の学食巡礼と、「男だらけのクリスマス」と題を打った料理コーナー。これだけである。

うん、わかった。東工大新聞部は終わった

なんだよこれ、よく見たら紙面の3分の1は寄稿じゃないのか?じゃあ新聞部が書いた記事はどうかというと、名大の学食取材は夏のものをとってきただけだし、「男だらけのクリスマス」とかね、何が言いたいのかと。おまえ、紙面が足りなくなったから写真でごまかしたの見え見えじゃねえか、と。

それに、「クリスマスはカップルのいちゃいちゃデーじゃねえよ!宗教行事だろうが」と独り者の悲しい叫びを堂々と展開すれば、それはそれで読み応えのある記事になったはずだろう。なぜケーキだけで終わってしまうのだ。

第一、「就職活動応援号」だから就活にほぼ1面割いているようだが、こんな内容なら就活サイトに載っているのではないか?無意味とは言わないが、年7回発行の新聞で特集する事じゃないだろう。

突っつけばきりがないが、もう疲れたので結論。

Q. 工業大学新聞がこの先生きのこるには
A. B4たかしを新聞部に入れなさい

B4たかしのb4logを見てもわかる通り、東工大に関しての情報をかなり執筆し、それをウェブに公開している。その情報量の質・量と速報性は学生支援GPからも折り紙付き(だと思う)。ただ、自由な立場で書いているからこれだけ書いてるけど、「書かなければいけない」と義務を背負って同じクオリティが保てるか、は保証しないけどね。

ちなみにb4logの文章はリンクも引用もご自由に。印刷物(工業大学新聞含め)に載せたい人は、一報くれれば喜んでいんようしてくれて構いませんよ。

  • 03

    同感ですねー。自分も高校時代に新聞部だったんですが、だめだ・終わってる…という感じで敬遠した次第であります。

  • To : 03

    自分の高校の新聞部も、新聞とは名ばかりの雑誌を発刊しているだけでしたね。
    よっぽどジャーナリズムを志す人がいないと怠惰なサークルになるんでしょうかね。

Pingback / Trackback

この記事のトラックバック用URL