b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

「噺家が闇夜にコソコソ」はテレビと落語の明日を担えるか

| 0件のコメント

普段はテレビの記事なんて書かないのだけれど、内容と番組の作り方が面白かったので、その気持を忘れない内にここで公開しておきます。

噺家が闇夜にコソコソ」は、フジテレビ制作でフジテレビ系列で放送されているバラエティ番組。2013年12月30日に放送された特別番組が、今年4月からレギュラー化されたそうです。

笑いがいちばんや東京MXTVの東京スカイ座 一朝一席が終了した現在、恒常的に落語家をテレビで目にする機会は日本テレビの笑点ぐらいしかありません。お笑いのネタ見せ番組もNHKのオンバト+放送終了でほぼ消滅した現在、寄席に来ない一般市民に落語家の姿を見せるのは至難の業です。

出演している落語家のうち、立川談春・林家彦いち・立川談笑・桃月庵白酒・春風亭一之輔は真打、紅一点の春風亭ぴっかり☆も二つ目と、いずれも実力派ばかり。落語家たちの覚悟の表れといえるでしょう。

こうしたテレビ局と落語家側という双方の利害が一致した結果、落語家が取材して話をするという、この番組の形式が出来上がったのではないでしょうか。

今年4月から放送したこの番組、日本テレビ月曜から夜ふかしという人気ライバル番組もありますが(というか自分が観ていた時間帯に被ってしまった)、取り上げられている題材や落語家の話も面白いので、今後も続いていってほしいものです。

この記事のトラックバック用URL