b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

くにたちWINDS @ パルテノン多摩

| 0件のコメント

中学の同級生が出演しているというので、くにたちWINDSを聴いてきました。

くにたちWINDS 名曲コンサート

日時
2010年3月8日(月) 19:00開演
会場
パルテノン多摩 大ホール
曲目
バーンズ / 交響的序曲
ティケリ / ポストカード
ヒンデミット / 交響曲 変ロ長調
グレグソン / チューバ協奏曲
ホロヴィッツ / ブルーリッジのバッカス
指揮
大澤健一
チューバ独奏
池田幸広
主演
くにたち WINDS(国立音楽大学ウィンドアンサンブル研究会)

バーンズのは通常の吹奏楽編成に加えチェロが1プルとあるという変則的な編成でした。チューバ協奏曲はチューバの超絶技巧が素晴らしかったです。チューバとフルートがちゃんとソリを奏でているところで感動しました。メインの「ブルーリッジのバッカス」、冒頭でファゴット2本がかなり頑張っていました。2分以上はあると思われるソロなんて、吹奏楽で他に無いんじゃないのかな?

さすが音楽大学、どのパートも安定して上手かったです。平日だからか、客席の半分ぐらいしか埋まっていなかったのが残念と言えば残念。

この記事のトラックバック用URL