b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

B4たかし、船橋で吹奏楽に出演します

| 0件のコメント

ひょんなことから、船橋市交響吹奏楽団の定期演奏会にエキストラで出演することになりました。今日も(日付的には昨日ですが)船橋で全奏を終えて帰ってきました。しかし南船橋は遠いです。そしてIKEA以外は何も無かったです。それこそコンビニすらありませんでした。

船橋市交響吹奏楽団 第41回演奏会

日時
2009年6月14日(日)13:30開場 14:00開演
場所
船橋市民文化ホール
チケット
前売400円 当日500円
曲目
レナード・バーンスタイン / 『キャンディード』序曲
アルフレッド・リードエル・カミーノ・レアル
アルフレッド・リードラフーン クラリネットと吹奏楽のための狂詩曲
セルゲイ・プロコフィエフ | 林紀人 編曲 / バレエ音楽「ロメオとジュリエット」より
クラリネット ソリスト
内山厚志
指揮
牛渡克之(常任・第1部)
林紀人(客演・第2部)
公式サイト
船橋市交響吹奏楽団

『エル・カミーノ・レアル』は吹奏楽界では「超」のつくほど有名なアルフレッド・リードの曲ですね(部室で練習していたら、吹奏楽経験のある人は例外無く声を掛けてくるほど)。ラフーンは同じリードの曲で、クラリネットと吹奏楽団のための協奏曲という形態です。自分は今まで知りませんでした。

プロコフィエフの「ロメオとジュリエット」というと、もう最近では「ソフトバンクのCMでお馴染み」と言えば解りやすいですね。もちろんあのCMに使われている「モンターギュー家とキャピュレット家」も演奏します。

お近くに住んでいてお暇な方は、是非お越しください。

この記事のトラックバック用URL