b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

ラフ2・悲愴@調布市グリーンホール

| 4件のコメント

「クラシックは敷居の高いものじゃない」とは言ってもねえ・・・。

調布市グリーンホールの大ホールにて、ラフ2悲愴を聞いてきました。

ロシアの甘美な旋律?外山啓介の奏でるラフマニノフ?

公演名
東京フィルハーモニー交響楽団名曲コンサート
曲目
チャイコフスキー:歌劇「エフゲニー・オネーギン」より『ポロネーズ』
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18
チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 作品74 『悲愴』
指揮
曽我大介
管弦楽
東京フィルハーモニー交響楽団
ピアノ独奏
外山啓介
日時
2008年11月1日 開場13:30 開演14:00
会場
調布市グリーンホール 大ホール

このコンサートは、東京都歴史文化財団 東京文化会館が企画する「フレッシュ名曲コンサート」として公演されており、「地域で身近に」「若手アーティストを支援」「名曲を楽しむ」といったコンセプトで、都内の様々なホールで、在京プロオケが演奏しているそうです。

で、コンサートの内容なんですが・・・、まあまあよかったです。まあまあというのは、ラフ2で金管とピアノがずれてしまったり、悲愴も第1楽章はあまり迫力が感じられなかったり(第4楽章でやっと本気になった感じ)したため。ホールが古いから音響が悪いせいかもしれないし、座席が2階席のずっと後ろの方だったからかもしれませんが。

[チャイコフスキー 交響曲第6番 第1楽章 160小節目] そいえば第1楽章の例の箇所、バスクラリネットではなくファゴットのまま演奏してたなあ。ミュート(弱音器)も使わずにやったから、残念ながら音はあまり小さくなっていませんでしたが。直前のクラリネットもあまりデクレッシェンドしてなかったから、限界まで音を小さくしようとは、最初から考えてなかったのかな。

トランペットとホルンに1人ずつ付いている他は、管の他パートにアシがついていなかったし、そんなに団員を乗せなかったために、バスクラも動員しなかった、というのは考え過ぎかな。

しかし、最も残念だったのは、第3楽章が終わった直後に拍手が起きてしまったこと、ではなく、第4楽章が終わった直後に拍手が起きてしまい、余韻が台無しになってしまったこと。

第3楽章の後に拍手が起きてしまうことは想像できるし、おそらくオーケストラや指揮者も予期していただろう。しかし第3楽章が終わった直後、予想以上に間髪入れずに拍手が(しかも3割ぐらい、と結構な人数で!)起きてしまった。おそらく楽章間の休み無しに続ける計画はあったのだろうが、その拍手を聞いて指揮者やコンサートマスターも苦笑いしていた。

で、第4楽章が最後はチェロとコントラバスが消えるようにして終わる・・・のだが、ここでも空気の読めない約20人ほどがさっさと拍手をしてしまった。が、おそらく約19人は「あ、まだ拍手する間じゃなかったのか!」と気付いて手をとめた。が、約1名、非常に空気の読めない観客が拍手をやめなかった。大体15秒くらい、ソロで。なんで隣の客が止めてあげなかったのか。結局、その拍手に舞台にのっている出演者が折れる形で曲が終了、普通の客席全体の拍手となったわけで。

名曲コンサートと謳っているため、曲の間に指揮者とソリストがマイクを持って曲の解説をする時間等があったのですが、どうせなら「楽章間で拍手するなよ」とか「曲が終わっても指揮棒を下ろすまで余韻を聞くんだぞ」とかも客に要求した方がよかったんじゃないか・・・と思ったコンサートでした。

  • K峰

    フライングブラボーを撲滅せよ!
    楽章間の拍手も困り者ですが…

  • To : K峰

    舞台にのっている楽団員や指揮者も含め、大抵の観客は終わった後の余韻に浸りたい・・・と思ってますが
    「我先に拍手してやる!」という気持ちのお客さんもどこかにゃいるんですね。

    筑波大の演奏を聞いた時↓はフライング拍手も無く、みんなグッと固唾をのんで「静寂を聞き入っていた」のですが
    http://b4t.jp/p_blog/article.php?id=195

  • カナリ・アンチェルル

    59歳の男性です。ここ数年悲愴に凝っていて、コンサートに通っています。曽我の悲愴のCDを聞いて、あのすごい第3楽章のティンパニが聞きたくて、調布に行きました。
    まず、フォゴットですが、通説によるとピアノの音を出すのはカナリ難しいそうです。ですから、
    ppppppを出すために、バスクラが使われ始めたのでしょう。金額の安価なコンサートで、
    クラリネットを3人出すのは、無理で、原譜どおりFGに吹かせたのでしょう。きれいな女性でしたので許しましょう。CDでは、どちらか忘れました。
    次に、第三楽章の拍手ですが、今までの数十回の悲愴で、この楽章で拍手が起きるのは、
    いわゆる名曲コンサート、比較的首都圏の都市など、クラシック入門者が多いコンサートで起きています。今回の調布も聴衆を見回して、これは拍手が出るなと思っていたら案の定でした。
    私の推測では、入門者の多くは、フォルテで終わることが曲の終わりと思うからです。
    ですから、解説書で第四楽章が静かに消え入るように終わると書いてあっても、
    ダダダ ダン と終わると思わず拍手してしまうのだと思います。有名な指揮者がサントリーホールでやるような悲愴は、それなりの聴衆が多いので、拍手はありません。曽我のCDでは、あまりにもすごい第3楽章だったので、かなりの長い時間で拍手とブラボーがあります。今回の曽我は、それほどではありませんでした。
    最後に、第4楽章のフライング拍手ですが、本当にこれは困りもので、聞いた悲愴の半分は
    フライングがあります。そのときの指揮者のしらけた顔は気の毒ですね。今回のフライングは
    史上最低です。ひとりだけあんなに長くやっていたのは、初めてです。私が隣にいたら止めたでしょう。曽我に対して嫌がらせみたいに聞こえます。ブーイングのほうがよっぽど正直ですかね。
    たぶん一番長い静寂は、ラザレフ指揮読売日響のサントリーホールの1分以上の静寂です。
    これはSACDで販売されていますが、私は現場に居ましたが、聴衆全員が息を殺して
    ラザレフの棒が降りるのを待っていました。最後はちょっとやりすぎかなと私は、帰りに苦笑してしまいましたが。悲愴と言う曲は、聴衆や指揮者を違った意味で泣かせる曲、気苦労の多い曲ですね。

  • To : カナリ・アンチェルル
    [q1]第三楽章の拍手ですが、今までの数十回の悲愴で、この楽章で拍手が起きるのは、
    いわゆる名曲コンサート、比較的首都圏の都市など、クラシック入門者が多いコンサートで起きています。今回の調布も聴衆を見回して、これは拍手が出るなと思っていたら案の定でした。[/q1]
    自分も予期はしていたのですが、これほど大きな拍手がおきるとは思っていませんでした。
    まあ拍手したくなる気持ちも分らなくもないですがね :-!
    [q1]第4楽章のフライング拍手ですが、今回のフライングは
    史上最低です。ひとりだけあんなに長くやっていたのは、初めてです。私が隣にいたら止めたでしょう。曽我に対して嫌がらせみたいに聞こえます。ブーイングのほうがよっぽど正直ですかね。[/q1]
    あの拍手は、演奏者が本当に不憫でなりませんでした。自分が近くに居たら、隣でなくても席まで行って手を止めたのですが、あの暗闇では見つからず・・・

    悲愴は、演奏者はもとより、観客も訓練が必要な曲なのですね 😛

Pingback / Trackback

この記事のトラックバック用URL