b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

蒟蒻畑はまた食べられるかな

| 2件のコメント

野田消費者行政担当相が最大手の『マンナンライフ』幹部を役所に呼び、製品の自主回収を要請。これを受けて同社は製造の中止を決めたのだが……

まず小倉が「餅がノドにつかえて亡くなる方がもっと多いはずですよ」と。で、リポーターが示したのが、厚労省がまとめた『窒息の原因となった食品』(2006年)。

それによると、もち169件、パン90件、米飯89件、あめ28件、団子23件、カプセルゼリー11件に順だった。

「こんにゃくゼリー」は、カプセルゼリーに含まれており最下位。むしろ、窒息するとは一般的に考えられていない米飯やパンが意外に多いのには驚く。

また番組よると、窒息死した17例のうちマンナンライフの製品は3例だけ。あとは他社の製品。8、9割のシェアを占めるマンナンライフが代表してスケープゴートにされた感じも。

フジテレビ系の「とくだね!」での、マンナンライフのこんにゃくゼリー製造中止についての特集にて。餅も麺麭も喉に詰まるじゃん・・・と思ってはいたけど、カプセルゼリーの数倍から数十倍も窒息の原因になっているとは知らなかった。

野田聖子消費者行政担当相は10日の会見で「モチはのどに詰まるものだという常識を多くの人が共有している」と強調したが、「ゼリーだけを規制し、モチやアメを規制しない合理的な根拠は見つかりにくい」(厚労省)というのが実態だ。

何だこれ、そんなこと言ったら、この事件で「こんにゃくゼリーは喉に詰まる」と認識したと思うのだが・・・。「危険を認識してないから駄目」ってのは、「インゲン食べたら変な化学薬品が入っていて病院に行った」というのと同列に話してる気がするけど、いろいろと論点がずれ過ぎ。

で、時期が良いのか悪いのか、こんなニュースも:

葉県船橋市立峰台小学校(末永啓二校長)で、6年生の男子児童(12)が給食のパンをのどに詰まらせ、窒息死していたことが21日、分かった。男子児童は17日午後0時45分頃、直径約10センチの円盤状のパンを食べてのどに詰まらせた。担任の女性教諭らが応急処置をして119番したが、搬送先の市内の病院で死亡が確認された。

パンで窒息死するのは「認識してなかった」なあ・・・。

この事件でパンが生産中止になるわけではないでしょう。パンが無かったらいろいろと困り過ぎだし。こんにゃくゼリーだけが生産中止になったのは、消費者庁をアピールするために見せしめ的に野田聖子氏が号令かけただけな気がする。

マンナンライフ「蒟蒻畑」製造中止に「反対」ネット署名1万人が集まったらしいし、この件はまだまだ続きそう。

  • チョヲイチロウ

    僕も、こんにゃくゼリー好きです。
    海賊盤も正規品も好きです。

    何か、妙に思うのは、これってさぁ、近年増加傾向にあるやつじゃないかなと思います。
    最近そうじゃないかな、と思います。
    蒟蒻製ゼリー中身の次、現在は「カップ(外装)が危ないわ。」となって、プラスチックで出来たるカップに対し危険をし、そして、プラスチックに危険を促し、家財の一切のプラスチックを疑い、捨て、町中でもプラスチックを警戒し「町中プラスチックだわ。」となり引きこもり、自家菜園を開くも、何か野菜から毒だの何のってトラヴルが起きた暁には、もう米しかねぇってんで米を喰うも・・・・・・
    みたいな、皆さん何か弱体かの一途を黙々と歩いている様に思ってしまいます。
    ペンは、銃よりも強し。とはよく云ったものでメディアをDJにダンシングしているのだと思ってしまいます。言いたい放題、叩きたい放題の文化を形成したのは2000年以降のマスコミ関係者各位ではないでしょうか。
    楽しい世界と、弱った人間
    を創って下さった。人間牧場です。弱った人間には、餅も、パンも、蒟蒻のゼリーも有効なんですよ。踊るには丁度いいディスコサウンド。

    何てね**論点外れ。
    てか、パンで窒息するんですね。してみたいです。お餅は経験済みです。

  • To : チョヲイチロウ

    こういった問題は特に、「被害者」「弱者」が特に「声高に」発言するせいで、火の無いところに火種を置いて油を注ぎフイゴで炎を育てている感じですね。
    [q1]皆さん何か弱体かの一途を黙々と歩いている様に思ってしまいます。[/q1]
    安全は、水道の蛇口をひねれば水が出てくるかのごとく(これも例えとしてどうかと思いますが)、当たり前だと思っているのでしょうかね。
    危険性を認識したら、排除しないときが済まないような人が増えているのかなあ。
    時には危険と隣り合わせのまま共存したほうが、人生が豊かになることもある・・・と思うのですが 🙁 。

Pingback / Trackback

この記事のトラックバック用URL