b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

多摩モノレールの町田までの延伸ルートとは

| 1件のコメント

突然ながら、現在上北台から多摩センターまで16kmを結んでいる多摩都市モノレール線が、多摩センターより南に伸びて町田まで繋ぐルートはどのようなものか、Googleマップにて描いてみました。

上でも述べた通り、現在多摩モノレールは多摩地区の南北を縦断する交通として、東大和市・上北台から多摩市・多摩センターの16kmを結んでおり、途中玉川上水(西武拝島線)・立川北/立川南(JR中央・青梅・南武線)・高幡不動(京王本線・動物園線)・多摩動物公園(京王動物園線)・多摩センター(京王相模原線・小田急多摩線)で各路線と接続しています。

上北台より北の方面へは、武蔵村山市が現在鉄道が通っていない同市の交通機関として、新青梅街道上を通りJR八高線の箱根ヶ崎駅まで延伸することを要望しており、国土交通省交通政策審議会の答申で「2015年までに着工することが適当な路線」と位置づけられています。

武蔵村山市のページをみると、1〜2ヶ月に1回のペースで情報誌を発行したり、東京都に早期の着工への要望書を提出するなど、その要望の必死さがひしひしと伝わります。

一方、多摩センターから南の方面へ延伸する構想も存在します。多摩モノレールのページに「整備について検討すべき路線」として、多摩センターから西方向に伸びて八王子みなみ野を通り八王子駅へ向かう路線と共に、多摩センターからそのまま南進して町田駅へ向かう路線が載せられています。

このうち、「多摩センター?町田」の路線について、今回はGoogleマップ上に路線図をひいてみた、というわけです。

テキトーに思いつくままに線を描いたわけではありません。町田市が発表した都市計画マスタープランや、「変わりゆく町田の街並み♪」さんのコメント欄にのっていた「多摩都市モノレール(町田ルート)検討調査委託(その6)報告書(2002年3月)」などを参照にさせていただきつつ、B4たかしの独断と偏見と道なりにある程度沿って作りました。基本的に道路上を通るようにしていますが、道路整備が進んでいない場所などはおおざっぱになっています。また桜台車両基地(仮)の位置は、丁度いい空き地が沿線にあったので勝手にそこにしました。

町田市は、多摩地区に属しながら、神奈川県に食い込んだような位置から、他の多摩地区と(特に立川など)の繋がりが薄かったように思えます。それに市の中央部は鉄道空白地帯で、さらに道路の整備状況もイマイチらしいです。多摩モノレールが道路整備とともに町田まで伸びればその状況が打破されると思うのですが、町田市のドコを通るか、という点がいままで不明でした。

Googleマップに描いてみると解ったのは、多摩センターから町田まで真っ直ぐに行かず、かなり蛇行しながら進んでいますね。小野路(仮)駅から小山田緑地(仮)駅はほぼ西に向かっています。市民病院(仮)駅から町田(仮)駅もわざわざ曲がりくねっています。多摩都市モノレールが都市間交通ではなく、地域交通を目的として計画されており、既存のバス路線を代替するためにこういった計画になったのでしょうが、上北台?多摩センター間と比べてもかなり迂回していますね。

さて、多摩センターから町田までのルートを描いてみましたが、この路線が開通するにはいくつかの障碍があります:

  • 上北台?箱根ヶ崎のほうが優先度が高い

    前述の通り、鉄道の無い武蔵村山市に建設する方が優先度が高いでしょう。誘致活動も盛んだし、ルートもかなりはっきりしています。

  • 環境破壊の恐れ

    特に南野(仮)駅?下小山田(仮)駅は、小山田緑地など自然が多く残る場所であり、モノレール開通によって住宅開発が進んでしまうと(多摩ニュータウンの中を開発しろよって話ですが)、貴重な環境が失われてしまうかもしれません。

    緑地はトンネルで進むとか、緑地のど真ん中に駅を作らなければ良いのかもしれませんが、トンネルは建設費がかさむのでできれば避けたいですし、駅をあまり作らないと「地域交通」の意味が無くなってしまうかも。

  • 採算が取れなさそう

    多摩センターから町田まで、このルートは13.5kmほどの長さがあります。現在の多摩モノレールが16kmで、さらにこれだけ延伸するとなるとそれなりに採算性が高くないと。現在でもぎりぎり黒字が出るくらいの経営(負債の利子を含めると赤字?)「税金の無駄」なんて言われてしまいます。

    しかも前述した南野(仮)駅?下小山田(仮)駅間は森林で、住民が殆どいない地区もあります。一部の区間とはいえ、「地域交通」としてこれは痛いですね。

    「立川?高幡不動」や「玉川上水?立川」・「立川?多摩センター」などの都市間交通も現在のモノレールは担っているようですが、「多摩センター?町田間の利便性が向上」するかと言えば、多分しません。多摩センター?町田の移動ならば、おそらく小田急を使った方が安くて早いでしょう。町田市民が立川に行く用事もあるでしょうが、「立川?町田」を多摩モノレールで行くと何分かかるでしょう? 現在のように各駅停車しか無いとすると、40分はかかるでしょうか、それだけの時間があったら新宿まで出てしまうかなあ。

そんなわけで、町田延伸にはまだまだ時間がかかりそうな多摩モノレールですが、現在も着実に地域の足として浸透しているので、これからも負債に負けず頑張って下さい。

Pingback / Trackback

  • b4log より:

    多摩モノレール 箱根ヶ崎への延伸ルート

    「多摩モノレール 延伸」というキーワードでGoogle 検索すると、去年b4logで町田延伸ルートを予想した記事が2番目に出てきます(ちなみにYahoo!検索だと7件目)。
    自分の書いた記事が上位に…

この記事のトラックバック用URL