b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

ISBN変換プラグイン ECS 4.0対応版 導入できたよ!

| 0件のコメント

[2008年1月21日の記事] [2008年1月21日の記事 インストール失敗] [2008年1月21日の記事 インストール成功]

P_BLOGのISBN変換プラグイン ECS 4.0対応版が導入できないと悩んでいましたが、試行錯誤の末にインストールできました。インストールの手順は以下のようにしました:

  1. portal shit!で公開されているプラグインをダウンロード
  2. plg_isbn.inc.php のAWSAccessKeyIdAssociateTagを自分のものにする
  3. データベースのp_log_isbnのテーブルを空にする(phpMyAdminを使用)
  4. plg_isbn.inc.php と nusoap.php をサーバにアップロード

新規インストールの場合は新たにDBにテーブルを作成したり、一部ファイルのHackが必要だったりしますがここでは割愛。

で、何故自分がインストールに失敗したかというと、おそらく以下の2点が原因。

SOAPのエンドポイントがECS 3.0のままだった

今回のファイルの更新は、Amazon ECSのバージョンが3.0から4.0に移行するために行われるのですが、一部が書き換えられてなかったようです。

$soapclient = new soapclient("http://soap.amazon.co.jp/schemas3/AmazonWebServices.wsdl",true);

ISBN変換プラグイン ECS 4.0対応版 (誤) 187行目付近

$soapclient = new soapclient("http://webservices.amazon.com/AWSECommerceService/JP/AWSECommerceService.wsdl", true);

ISBN変換プラグイン ECS 4.0対応版 (正) 187行目付近

現在配布されているファイルは正しいものに置き換えられています。

Access Key IDとAssociate Tagが逆だった

旧ファイルからIDとTagをコピー&ペーストしたときに、両者を逆さに書いてしまったようです。

//アソシエイトID
$this->associate_id = "wodorijiweblo-22";
//Develop Token
$this->develop_token = "14SG35NHMS69AY5PAG82";

ISBN変換プラグイン ver 0.10 97行目付近

//AWSAccessKeyId
$this->awsaccess_key_id = "14SG35NHMS69AY5PAG82";
//AssociateTag
$this->associate_tag = "wodorijiweblo-22";

ISBN変換プラグイン ECS 4.0対応版 97行目付近

そう、Access Key IDとAssociate Tagの書き方が逆になっていたのです。というかIDだかTagだかTokenだか名称が変わりすぎて判らないっての。自分のメモも兼ねて書いておこう。

  • Associate Tag ≒ アソシエイト ID
  • Access Key ID ≒ Developer Token ≒ Subscription Id
    • Amazon Web Serviceから「Sign Up now」してhome pageに戻って、右メニュー「Your Web Services Account」から「AWS Access Identifiers」を選択すると表示される「Your Access Key ID」がそれ

そんなこんなでインストールが成功しました。

Philadelphia Woodwind Quintet Plays Classical Philadelphia Woodwind Quintet Plays Classical
レビューを見る
欲しいものリストに追加
価格:1816円 通常1~2か月以内に発送powered by Amazon.co.jp

Amazonにまたリンクできるようになったよ記念ということでCDをご紹介。フィラデルフィア木管五重奏団ベートーヴェンの六重奏(Cl,Hr,Fgそれぞれ2)を五重奏(Fl,Ob,Cl,Fg,Hr)に編曲して演奏しています。6重奏のままの録音はいくつか出回っているのですが、自分は木五で演奏するので、是非5重奏のが欲しかったわけです。

Amazon.comから注文するか、盤元のBoston Recordsから直送してもらうという選択肢もありましたが、前者だと到着した頃には演奏会が終わってしまうし、Boston Recordsのメールフォームからちゃんと届くかなあ・・・という不安から、マーケットプレイスを通じて取引しました。後から聞いたらマーケットプレイスって結構当たり外れが激しいらしいけど、まあ評価見て大丈夫そうだったし、無事についたから良しとしよう。

この記事のトラックバック用URL