b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

評論されるからブログは止められない

| 0件のコメント

(mixi内の日記でなくて)ブログを続けるメリットの一つは、全世界の誰もが、インターネットに接続できれば記事を読むことが出来ること。mixi内にも1600万人くらいの人がいるらしい(mixiカウンターより)けど、インターネット全体で視れば7.5億人くらいいる(去年のITmedia記事より)らしい。全く知らない人からの閲覧、さらにコメントやトラックバックがくることは、脅威でもあるけど楽しみでもある。

前置きが長くなったけど、そんなブログやなんやらを勝手に評論するサイトを404 Blog Not Found経由で知ったので、b4logも評論されてもらいました。

脱「10分遅刻」的世界観の中で、果たして東京工業大学管弦楽団 第20回木管演奏会が果たす役割はなんだろうか。

総合得点 72

Vyšehradのようであるとも言える。ヤマハ渋谷店を知らずして、東京工業大学管弦楽団 第20回木管演奏会は語れないだろう。つまり「東京工業大学管弦楽団 第20回木管演奏会」的見解には、もう飽きているのだ。タワーレコードが欲しいなどというのは、要するに、田舎っぺなのだ。学習院大学がそんなに大事なら、ヒュミドールにでも閉まっておけば良い。このブログでは、社会の「ニューフィルハーモニー千葉」化について論じている。どういうことなのか。私にも良く解らない。けれども交響曲ニ長調 作品60には解っている。最高級のコイーバの紫煙をくゆらせながら、じっくりと1870年代について思いを巡らすべきである。パリで翌1882年を手に入れられないとすれば、ニューヨークで東京工業大学管弦楽団 第20回木管演奏会を探してもいい。そういう輩にはヴィシェフラドを添えてヴーヴ・クリコでも出せばいい。これは言うなれば悪質な「国立工業高校」依存社会の表出である。なにかの原因がブラームスにあると考えるのは、幼少期にトラウマを抱えている可能性がある。愛しているわけだ。メーリングリストを。友出版 OGT 237 スメタナのことを考えると、全く油断ならない。東京工業大学管弦楽団 第20回木管演奏会もまた然りである。飯森範親指揮式の社会において、東京工業大学管弦楽団 第20回木管演奏会ほど重要度の高いものはないのではないか。

敢えて言うとすれば、それはチェコ風ブラームス交響曲第2番だ。他人の不幸は蜜の味とは言うが、作者の不幸はブラームスの味らしい。

さあ、そう。川村文雄 – Wikipediaのように。シューベルトの醸す雰囲気は、極上の俯瞰 センター試験も及ばない。伊達男の必須アイテムとも言えるのが、キペディア。神は地上に大学中央教室と献血ルームをもたらした。もうブラームスの魅力から逃げられない。だが、一方ではハンガリー帝国的な側面があるなかでヤマハ渋谷店の優位性は揺るぎないもので、灰色のジムロック社は謎めいたich Symphoniker ヴァールシャインリヒの中に。

白銀のトレンディドラマは、まばゆい輝きを放ち、悪を砕く。

なかなか混沌とした評論:-P。なんかそれっぽくなっているのは流石と言うか何というか。自分でも書いた覚えのない単語が並んでいるのは、もしかしてGoogle Adsenseのキーワードに反応しているのかな。さてさて、木管演奏会が果たす役割って何なんでしょうか。

この記事のトラックバック用URL