b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

まどか☆マギカ オーケストラ・コンサート、仙台公演にスタッフとして随行しました

| 0件のコメント

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』オーケストラ・コンサートが仙台、広島、高松でも行われると当ブログでもお伝えしました。

11月10日にイズミティ21で行われた仙台公演には、当初は一鑑賞者としてホールに向かう予定だったのですが、予定していた運転手の都合が悪くなったため、自分が代理の運転手として、指揮者と合唱隊とともに随行することとなりました。

行程としては、9日の朝に新宿に集合、東北道を北上して仙台入り、リハーサル会場である日立システムズホール仙台に夕方に着きます。リハーサルが終わったら仙台郊外の民宿に一泊し、翌朝に本番会場であるイズミティ21に向かいます。本番終了後、23時頃に仙台を出発して、11日の朝に東京に到着、というルートです。

指揮者(とハープ)が乗るセダン車、合唱隊「『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』オーケストラ・コンサート コーラス」が乗るバス、そしてパーカッションなどの道具が積載されているトラックの3台という一行です。私が運転したのはトラック、2人(復路は3人)で交代しながら運転しました。マニュアル車に乗るのが自動車教習所ぶり、そして車検を受けた直後であるにも関わらず(むしろ直後だったからこそ?)エンストが多発するなどのトラブルに見舞われましたが、同乗者のサポートもあり無事故で旅程を終えることが出来ました。

運転以外の時間、リハーサルの様子を聴いていたり、運営側の仕事を手伝ったり。それも無いときは、楽屋裏あたりでイタズラ書きなどしておりました。要は暇でした。

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』オーケストラ・コンサート 仙台公演

日程
11月10日(日) 開場16:00 開演17:00(終演予定時刻 19時)
会場
仙台市泉文化創造センター(イズミティ21)
出演
管弦楽:アンサンブル仙台(※仙台フィルハーモニー管弦楽団メンバーによる室内楽)
司会:水橋かおり(巴マミ 役)
バンド:マイネマイヌク
合唱:『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』オーケストラ・コンサート コーラス
後援
河北新報社

コンサート本番は、関係者席で聴くことが出来ました。オーケストラは弦5部にフルート、オーボエ、ホルン2という室内管弦楽、それにマイネマイヌクさんの打楽器バンド、最後列に20人弱の合唱が並ぶ、といった編成でした。

打楽器の人数が大きいこともありますが、オーケストラ・合唱とのバランスがとても良くとれていたと感じました。ヴァイオリンのハイポジションでのメロディなどもきっちり音程が合わさっているので、人数の少なさを感じさせない迫力がありました。やはりココらへんはプロの仕事だなあ、と実感しました。

各曲の構成がストーリーに沿っていて、司会もそれに合わせた台詞であるため、演奏会の前半で水橋かおりさんの出番はやや多め、後半は確か最初と最後あたりにしか出番がありませんでした。ただストーリーに関係ない箇所で、やたらに出番があると興醒めしてしまうでしょうから、良い演出だったと思います。あと巴マミの決め台詞である「ティロ・フィナーレ!」が2回もあったのは嬉しい誤算でした。

残念だったのは、座席がそれほど埋まっていなかったこと。しかも、ホール最前部と最後部が埋まっていて、クラシック音楽では「最も音がよく聴こえる」とされる座席真ん中が全く人がいなかったのです。どうやらS席・A席・B席ごとに、一番前の列から販売したためにこうなってしまったようです。

残り4公演、広島(12/8)、名古屋(12/11)、大阪(12/14)、高松(12/23)では、この問題も解消されると良いですね。

なお今回のパンフレットの訂正紙に記載がありましたが、12月8日(日)の広島公演には悠木碧(鹿目まどか 役)、12月23日(月)の高松公演には野中藍(佐倉杏子 役)が司会だそうです。名古屋公演と大阪公演は未定ですが、こちらも気になるところですね。

今回の行程で、なぜかこんなに持ち物が増えてしまいました。まったく、わけがわからないよ。

この記事のトラックバック用URL