b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

絹川愛選手が中国・昆明で謎のウイルスに感染している件→ガセっぽい

| 0件のコメント

女子長距離の絹川愛選手が北京五輪を断念というニュースがありましたが、その理由が謎のウイルスに感染したかららしい。

恐怖!中国で感染か!絹川が謎のウイルスで北京断念へ

昨夏の大阪世界陸上に出場した女子長距離のホープ、絹川愛(めぐみ、18)=ミズノ、仙台育英高出身=が、謎の「ウイルス性感染症」などによる体調の問題で、北京五輪代表選考会となる陸上日本選手権(26〜29日、川崎)への出場を断念する方向であることが5日、分かった。担当医師によると、中国・昆明での合宿中に感染した可能性が高い。大気汚染に食の不安など、何かと取りざたされる北京五輪。今度は“見えない敵”が日本長距離界を揺るがしそうだ。

異変が現れたのは昨年11月。体のあちこちに痛みが出始め、風邪のような症状も頻発。12月には右大腿(だいたい)骨の一部を疲労骨折して全国高校駅伝(京都)を断念。2月になると左側にも痛みが発生、さらに左ひざも激痛に襲われ、走るどころか歩行も困難に。

都内の病院で放射線を利用したアイソトープ検査を受けると、骨の異常が判明。さらに特殊な方法による血液検査を行った結果、未知のウイルスに侵されていたことが分かった。

治療に当たっている松元整形外科クリニックの松元司院長によると、赤血球を破壊し、白血球を変形させる凶悪なウイルスが血液を通じて骨や筋肉に付着。その炎症によって痛みなどを引き起こしていたという。

気になるのが、その感染場所だ。絹川は昨年3月に中国・昆明で高地合宿を行っているが、松元氏は国内で同様の例がなく、ほかの国へは行っていないことから「昆明の可能性が高い」と指摘した。

赤血球を破壊・白血球を変形させるというのが恐ろしい。しかも半年以上も潜伏しての発症らしい。ということは、現在健康な選手でも、これからこのような症状が現れるとも限らない、ということで。

またGIGAZINEによると、日体大の宮嶋武広選手や野口みずき選手、高橋尚子選手も昆明で合宿を行ったそうですが、体調を崩し、日体大の選手にいたっては合宿中に死亡したとのこと。

今回と同じ原因かどうかはわかりませんが、日体大水泳部に所属する競泳男子の選手が2006年に死亡しています。この件については死亡選手の両親が日体大を相手に訴訟を起こしていることが明らかになっています。

ほかにも、アテネ五輪女子マラソン金メダリストの野口みずき選手が昆明で合宿していたのですが、「原因不明の発疹」のため、帰国しているとのこと。

さらに、名古屋国際女子マラソンにて27位という惨敗と言ってもいい成績になってしまった高橋尚子選手ですが、これについても気になる情報が。昆明合宿で下痢になって数日間寝込んだことがあるらしい。

それぞれの事件の関連性は不明であり、一体何が起きているのかわかりませんが、今回の絹川選手の「謎の感染症」が原因の可能性も否定できないのではないかと。偶然にしてはちょっと重なりすぎなので、このままだと北京五輪は本当の意味で「生き残りをかけた戦い」になるかもしれません……。

確かに全部が同じ原因と言うには証拠が不十分ですが、日体大の選手の件はもっと大きく報じられても良いと思うのですが、自分はこんかいのニュースで初めて知りました。

何故、日本の新聞社、テレビ局はこれを大々的に報じないのか?今日の夕方のテレビ・ニュースでは流していたが、これらの件についてはもっと以前から報道すべきでした。

特にこの水泳選手の突然死が報道されていれば、絹川愛選手の事件は防げた筈です。今回、同じ昆明という場所で訓練しており、前の事故が大きく報道されていれば、この昆明を避けていたと考えられるからです。

もうオリンピックまで2ヶ月を切ったのですが、悪い話題しか聞きません。もう北京オリンピックは無事にできるとは思えません。

治療に当たっている松元整形外科クリニックの松元司院長について調べたところ、どうやら記事の信憑性がかなり怪しいらしい。・・・というか、ガセ? 以下の記事に詳しく書かれているが、要するに自分は激しく釣られてしまったということのようだ。

この記事のトラックバック用URL