b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

新年と言えばウィーンフィルニューイヤーコンサート、ウィーンと言えばオースト…

| 1件のコメント

このごろやっとクラシック音楽の露・仏・独・芬・墺それぞれの特徴がなんとなく分かり始めたB4たかしです。

新年のテレビ番組と言えばウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサート、というわけで、日テレの大笑点やフジのかくし芸が一区切りついたところでNHK教育で見ました。やはりこれを観ると新年と言う感じがしますね。今年はいつになく難しい曲があったり、楽員のパフォーマンスへの拍手が多かった気が。

ウィーンと言えば、オーストリアの首都なわけですが、2ヶ月ほど前に在日墺大使館が日本語表記をオーストリーに変更するというニュースがありました。ただ、今も公式な名称は「オーストリア共和国」「在日オーストリア大使館」のままなようです。日本での正式名称を変更するには外務省が通達せねばならないので、すぐに変えると言うわけにはいかないんでしょう。そういえばこのごろは現地ドイツ語のÖsterreichから、エスターライヒと表記する人も増えているようです。外国語の音をカタカナに置き換えるのは一筋縄では行かないようです。

Pingback / Trackback

  • メータ指揮、ウィーン・フィルのニュー・イヤー・コンサート2007

     毎年恒例、聴衆が(オーストリア人から見ると)外人ばかりになったVPOのニュー・イヤー・コンサート、今年の指揮はNHKも表記をあらためたズービン・メータの指揮。いつも華のある人だと思う。
     今回は舞台を見ると両翼配置になっている。去年もそうだっけ?。

この記事のトラックバック用URL