b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

日中戦争はもう始まっている!?

| 4件のコメント

今日の讀賣新聞の一面は、在上海日本総領事館の館員が一昨年に自殺した件についてでした。

大学の図書館で主要な新聞をざっと目を通したのですが、このことについて記事にしているのは読売だけ。うーむ、中国に対するかなり重要な事件だと思うのだがなぜ取り上げないのか、いや、それとも・・・?

朝日新聞が取り上げないのは大体わかります、社としての方針が元々中国寄りだったりしますし。毎日新聞もリベラル色が強いのと、現在はあまり会社の基盤が強くないので、あまりに過激な内容は書けないのかも、東京新聞/中日新聞も同じような理由でしょうか。保守的な産經新聞が書かないのは不思議ですが、独自の取材網があまり敷けてないのが一因でしょうか。

取り上げない理由はあくまで想像に過ぎませんが、とにかく読売がそれなりの覚悟を決めて新聞に載せているのが伺えます。

おことわり

読売新聞社は、自殺した在上海日本総領事館の館員が残した遺書の内容が持つ公益性の大きさを重視し、総領事あての遺書に続き、妻宛の遺書についても一部内容を報道しました。今後の日中関係、日中外交の在り方を考える上で、広く伝える必要があると判断したものです。報道に当たっては、自殺した館員や遺族の方のプライバシーに関わる部分についての細心の注意を払いました。

上の文は今日?2006年5月15日の読売新聞社会面に載っていた断りの文面です(ウェブには未掲載のようです)。ちょっと注目する観点がズレているかもしれませんが、領事館・妻宛の両遺書から読み取れる中国当局の狡賢さが、隣の大国の恐ろしさを物語っているように思えます。ちなみに文春も触れてます(今日のタイトルも誌面の見出しから引用しました)。

もっと書きたいのですが夜も更けて来たので今日はこの辺で。

  • wassan

    この問題は前からあるけど、あまり話が進んでないなぁ・・・
    この領事館館員も、すこし情報を渡しちゃったみたいだけど、まぁ、自殺して責任を取ったなら、この人はとりあえず許して、中国から実際のところを聞きたいよなぁ。

    「日中戦争はもう始まっている」ってタイトル見たら、
    いくつかの分野で日中の対立してて、一体どの話か本文読むまでわからないことに気付いたよ。
    領土問題とかあるし。

  • B4たかし

    許されるかどうかはおいといて、日本は外交政策においてツメがあまいってのは昔からありますね。この件にしろ、ちょっとまえの大連(だったかな)の領事館の亡命妨害事件にしろ。まあ死者に鞭打つようなことはしませんが・・・。

    [q1]中国から実際のところを聞きたいよなぁ。[/q1]

    本当のことなんて教えてくれない、ような気がします。国策として日本の情報をつかもうとしているなら、そんな極秘情報を渡そうとは思いませんし。もちろん追求を諦めるわけにはいきませんが、日本側も独自に(極秘に)調査を進めるべきだと思います。

    東シナ海の件にしろ、靖国神社などの歴史認識にしろ、日中間の対立が闡明になっているのは確かですね。

  • wassan

    まぁ、外交ってそうゆうもんだよな・・・
    パット見で、「よく相手にも意見を言っていて良い」みたいな外交のほうが、実はよくないとかあるしね。
    外務官僚とかは、市民に評価されない運命にあるのよ。

    中国が日本にそんなこと教えるわけない、ってか、日本以外の国なら絶対そうする。もっと日本も戦術を考えないと。

    東シナ海どころか、尖閣諸島まで来てる時点で終わってる。これになにか働きかけてないとしたら、日本の領土がとられちゃうんじゃない?ってか盗られてる?
    靖国問題は、朝日発だからなぁ、、、、

  • 確かに、「沈黙は金、雄弁は銀」とも言いますし。以前、外務省の機密費流用が問題になりましたけど、外交は秘密裡に事を進めるべきことも多いですし。ただ言うべきことを言わないで、しかも相手の意見に折れてしまうのは・・・ねぇ。

    竹島も尖閣諸島もまんまと盗られてますね。まあ日本が戦後独立宣言する前だったりしたので当時の国をあまり責められませんが。どう考えても火事場泥棒ですよ。

Pingback / Trackback

この記事のトラックバック用URL