b4log

ほかにはない情報が、ここにはある(かも)。

若者の 1/4 が献血自体を知らない!?

| 6件のコメント

/.記事で知りました。

確かに若者が献血をあまりしていないというのはまあ分かるんですが、あれだけ広報活動して知らないというのは驚きです。

何度か周りの友人を献血に誘ったことがあるのですがあまり連れません。英国に旅行経験があるとか、時間が合わないとか、針が怖いとか(最後は克服した方が良いと思いますが)いろいろ理由はあるんでしょうが・・・。それとは別に、「献血したところで何があるの?」と言う人もいるかもしれません。

確かに献血ですから、献血側には金銭の支払いはありません。が、献血のための設備コストや医師、看護師、血液検査のコストなど結構な費用がかかっているようです。

血を採られるのは只でもらう(輸血の)時は金を取るのか!と文句を言うほどのことは無いと思いますがどうでしょう?輸血用血液の費用そのものは、ほぼそのまま血液を供給するための手数料なのですから。

あと記事で何回か指摘されてますが、献血すれば現金こそ払われないものの、絆創膏やペン等の粗品などいろいろ経費がかかっていて、ついでに血液検査して健康をチェックできるシステムがタダで利用できるのは他にあまり見られないと思うんですが、どうでしょう。

  • wassan

    まじで・・・
    献血知らないのって、かなりやばいと思うよ・・・

    俺も献血したくないわけじゃないんだけど、
    注射の針が嫌いなんだよねー。
    昔、入院して弱ってるときに、看護婦初心者みたいな人に当たって・・・・・それから針が嫌い

  • 「献血を知らない」というのが、献血という言葉さえ知らないのか、献血が医療関係の事柄とは知ってるけどどう使われるのかを知らないのか、輸血等に使われるけどどこの機関がどうやって行っているのを知らないのか、という点で微妙に違うでしょうね(最初の人が一番多かったりして :-P)。

    献血センターの看護師さんは献血専門のような人なので、針の扱いについては他の医院より上手いと思います。だからそんなに痛くないよ、機会があったらレッツ献血!

  • なきゃ

    あたしは好きよ、献血!!

  • Pingback: 踊り字ヱブログ()

  • Pingback: BBRの雑記帳()

  • >>なきゃ

    そうさ、We love Blood Donation!

    http://b4t.jp/p_blog/article.php?id=155

Pingback / Trackback

  • 今日はカラダの日、か?

    実は書いてるのは14日深夜ですが、内容が違うので別の記事に分けます。

    先日の記事で献血のことを話題にしたので、早速献血に行ってきました。

    大学の講堂横に献血バスが来ていたので、400cc献血…

  • BBRの雑記帳 より:

    [献血]知らないってどういうことよ。

    最初見たとき、ちょっと理解不能でした。

    献血「知らない」4人に1人…献血未経験の若者
    (讀賣新聞)

    (元ニュースはこちら)

    (記事引用)
     献血経験のない若者の4人に1人は、献血自体を知らなかったことが、厚生労働省の初の「若年層献血意識調査」でわ…

この記事のトラックバック用URL